2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »

2015年2月

2015年2月 9日 (月)

我が家の今昔物語⑥ニッカとシゲコさん

毎日NHKテレビ小説「マッサン」を楽しみに見ています。

というのも、ニッカウヰスキーと余市には懐かしい思い出があるのです。

私の短大時代のクラスメイトには余市から札幌まで一時間近くかけて通ってくるシゲコさんというとてもチャーミングな方がいました。

友達になって、そのうち何度か泊りがけで遊びに行ったり、彼女が泊まって行ったり。

彼女のお宅は、お父様が早くに亡くなり、お母様と弟さんと、父方のおばあ様が暮らしていました。

大きな立派な仏壇があって、禅宗だと話していたので、TVドラマに出てくるように彼女のご先祖ももしかしたら会津の武家だったのかもしれません。

余市はリンゴの名産地でしたが、ほかにサクランボでも有名で、彼女からお土産にサクランボをたくさんもらったうれしい記憶もあります。

「お母さんが、これは食べ過ぎたらお腹壊すよ、って」と言いながらずっしりと重い茶色い紙袋を渡してくれたから、あれはお母様からの差し入れだったのでしょうか。学生には贅沢な果物で、お腹壊すまで食べても構わない、と思いっきり食べました。

後にも先にもあんなに食べたのは初めてで、おいしかった~。

幸せな思いをしました。

heart01

ところで、私たちが就職先を探す頃、世の中は突如ドルショック、オイルショックで大変な経済状態になってしまいました。

それまでにない就職難、どこもかしこも新卒の採用は控え目、スチュワーデスの採用試験に通った友人などは半年間自宅待機で、その半年間アルバイトをしていました。

私は局アナを目指していたのですが、採用する人数が大幅に減り、最終の一つ手前まで進んだ局はあったものの落ち(その局は結局女子は1名しか採らなかった)、たまたま年末に公募があったラジオ番組のパーソナリティのオーディションにかろうじて次点で受かり、卒業とほぼ同時にその番組のパーソナリティの一人として仕事をはじめることができた、つまり首の皮一枚で繋がって仕事に就けたのでした。

そんな苦難の時代、余市のシゲコさんには、ニッカウヰスキーから「よろしければうちの会社はいかがでしょう」と声がかかって、いち早く就職が決まったのです。

シゲコさんのお母様に「お嬢様はそろそろ就職されるお年頃ではないですか。どこかお決まりですか。もし決まっていないのであれば、よろしければ」というお話があったというのです。

実はニッカウヰスキーの工場の土地の一部は、元はシゲコさんのお宅の土地だったのだそうで、ニッカはそこを買って、つまり譲っていただいた恩があるので、シゲコさんに声をかけてくださった。

その話を聞いた時、なんと義理堅いハートのある会社だろうと、私はニッカを見る目が変わりました。

彼女は美人で性格もいい子でした。

ニッカの工場の案内嬢になり、私は彼女の案内で2度ほど工場見学しました。

その当時は工場での試飲は飲み放題(笑)、とはいえ、そこでそんなに飲めるものでもなく、一度は研究室の研究スタッフも交え、近所の数軒しかない歓楽街?のどこか居酒屋かスナックかで飲んだ記憶があります。

club

私が結婚するすこし前に、彼女は前途有望なニッカの社員と結婚しました。

彼女のお相手は営業にいた人で、函館に異動したというので、私は結婚後、函館の実家に帰った時に一度彼女の住むアパートへ遊びに行きました。

彼女の作ったお昼をごちそうになり、それはイタリアのカチャトーラに似た鶏肉のトマト煮込みで、とても美味しかったのでレシピを聞いて、以来若干形は変わったものの我が家の定番メニューになった料理で、だからその料理を作ると、シゲコさんを思い出す私です。

しかし、年賀状をなんどかやり取りし、喪中で欠礼したこともあったりしているうちに、いつのまにか音信不通になってしまいました。

club

今、どうしているのでしょう、シゲコさん。

ドラマの「マッサン」では現在、余市を舞台に、マッサンにニッカの工場用地に自分の土地家屋を売った風間杜夫が演じる架空の森野熊虎が出ています。

どう思って見ていますか?

それから「御嬢さんの就職はお決まりですか?」と声をかけたのは、もしかしたらマッサン本人ではなかったでしょうか。

あの時、まだ竹鶴さんはご健在でした。

今、ドラマの影響で、工場見学は行列ができているのだそうで、案内嬢はさぞ忙しいことでしょう。

懐かしいな~。

シゲコさん。もう一度あなたに会いたいものです。

 

« 2014年10月 | トップページ | 2015年4月 »