2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 夏の思ひ出 (1)札幌 | トップページ | 夏の思ひ出 (3)函館・思い出ぶらぶら »

2013年9月30日 (月)

夏の思ひ出 (2)函館・港祭りと法事

函館には8月3日に到着。

ちょうど港まつりの開催中で、この日は宿泊したホテルグランティア五稜郭の前で終了するパレードが夕方~夜にかけてありました。

今回は母の17回忌で行ったのですが、13回忌の時にもまったく同じ時に泊まっています。その時のブログ記事⇒http://haretaraiine156.blog40.fc2.com/blog-entry-41.html

このパレードは前のブログ記事にも書いたように、昔私が子供の頃は「1万人パレード」と言ったのです、お昼に開催で、私も住んでいる町内会の子供の鼓笛隊に属して歩きました。その時は函館山の麓にある高田屋嘉兵衛像前から函館駅前まで歩いた記憶があります。

今は夕方から夜にかけてのパレードで、大きな車に電飾を施してた山車と踊り手たちが踊りながら歌いながら練り歩いて、なかなかの迫力です。

     Photo_5   Photo_6

とくに私が大阪へ来た後にできた「イカ踊り」というのが、最近はポピュラーな踊りになっていて、飛び跳ねて楽しそうに踊ります。

函館市内の各企業、病院から学校、町会、皆こぞってグループで出てきますから、踊る人々も多いし、見物客も多い、夜なので沿道にはお酒をだす屋台も出ていて、ビールと焼き鳥片手になんてぐあいで、どこもかしこも賑やかでした。

ホテルは、13回忌の時に初めて泊まって以来、気にいって、函館へパック旅行を使って(その方が正規の航空運賃より安くて済む)行くときにはたいていここをセットにして1泊します。夜中の2時まで利用できる温泉の大浴場があって、朝食もとても美味しいし、室内もきれいなんで。

今回は色々実家には事情があって、なかなか病人の私の身体が実家では休まらないから、というので、このホテルに1週間近く滞在し、ここから実家へ昼から夕方まで何度か行きました。

clover

8月4日が肝心の母の17回忌。

父が動けないので、17回忌は家族のみで、家でやりました。

青森に住む下の弟の奥さんもぎっくり腰のきついのになってしまったというので、ほんとうに、父と、私と夫、私の弟2人の、とてもシンプルな法事になりました。

母の兄妹も、その連れ合いも、亡くなったり生きていてもみんな動けなかったりで。

代理でイトコが出てくださっても、こちらからはそういう時に動けない父を置いて弟が出て行けない事情もあって、だんだんどこの家も似たような事情になってきて、シンプルにしたとしても何の問題もなく。

しかし、来られた若いお坊さんが(かなり遅れて来られました)、お焼香の用具を持って来なかったのには、びっくりして言葉がなかったです。

そういうものが普通の家庭にお線香や蝋燭と同じようにあるものとは思っていませんでしたから。

夫の実家は曹洞宗ですが、法要で家にお坊さんが見える時には用具も持ってきてくださっていて、それはだから普通の家庭であらかじめ用意しておくものだとは知りませんでした。

特に実家は、門徒もの知らず、の、その門徒です。

居直るわけではないですが、今までお坊さんが持って来られるものとばかり思っていました。

お坊さんは必死に我が家の仏壇の引き出しを開けて探していましたが、ありません。「無いですよ」と言っても探しまくっていました。

それでお坊さんはそのままお経をあげて、だから焼香も無しで、お説教を始めて、終わって、着替えようとするので、

「ちょっと待って、せめてお線香をあげさせてください。お焼香しなかったので」

と言って、お線香をあげました。

続いてみんなも。

お説教が、死と隣で生きている私にとってはものすごくしょうも無い話だったのは、まだしも、法事だというのに、お焼香の用具がないからと、お線香の一つも家族にあげさせないで終わらせるというのは、私にはありえなかったのですが、西本願寺ではそのようなものなのでしょうか。

実家で包んだお布施のなかには、そうした費用やお膳代も当然入っているはずです。

本来は各家にある物なのかもしれませんが、現代では、古い時代とは違い、そうした用具がない家庭の方が多いでしょうし、来られる前に電話で、用具の有無の確認位したっておかしくないでしょう。

わざわざ法要に大阪や青森から高い飛行機やら列車使ってやってきた家族です。

なんだか、あのお坊さん無しで、お経のテープ流して、母に手を合わせたほうが、まだ気分的に納得したような、割り切れない思いでした。そういうことやら過去にもいろいろあって寄付寄付と言われても寄付がすなおにできましょうか。

ま、ともかく、無事法事が終り、あとは父が動けないので、そのまま家で、取ったお寿司とオードブルを食べて、懐かしい話をしました。

父を看ている弟が、そういえば45年前にここに引っ越す時に段ボールに梱包したまま、10年程前に建て替えした時もそのままで、一度も開けていない箱があって、開けたら面白いものが出てきたと、テーブルに並べました。

見たら、古いお猪口ととっくり。

お猪口はものすごく小さくて七福神の絵がそれぞれ中に書かれている九谷焼もどきのもの。とっくりは亡くなった祖父が良く使っていたとっくりで、ひいきにしていた酒屋の名前と住所や電話番号が横に書かれているものでした。

その酒屋の話で、すっかり話が盛り上がりました。

昔は酒屋や米屋やお寿司屋やいろんなところが年末に得意先に記念品を配ったもので、そういうものがどうも沢山その箱に入っていたようなのです。

はっきり言ってガラクタで、だから一度も開けなくてもすんだのでしょうが、今となったらタイムカプセルのように、私たちの45年以上前の生活を浮かびあがらせてくれたのです。

つづきで、ご近所の話になり、子供だったのでわからないまま曖昧にしていた記憶が、父によって改めてはっきりさせてもらいました。

母の17回忌、家族が久しぶりに集まって、お酒飲みながら昔の話をする、最後はいいものでした。

« 夏の思ひ出 (1)札幌 | トップページ | 夏の思ひ出 (3)函館・思い出ぶらぶら »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

ユウコさん、気持ちがあればそれでお母様には伝わっていますよ。
宗教宗派に違いはあれど、基本は心でしょうから。
とはいえ、私も実家は曹洞宗でシンプルでしたが、北陸は真言王国といわれるぐらいで、仏壇の豪華さに口あんぐりでした。まあね、実感はここらの人「信仰に踊らされとる」という感じ。
新築時に仏壇を買い替えるにあたり、セール物をさらに値切り倒して買った私ですが、別にばちは当たっていません。

ribbon太郎の母さん
コメントありがとう。
そのあたりは戦国時代は100年も本願寺門徒が支配する「百姓の持ちたる国」といわれたような所(真言でなくて真宗でっせ)ですから、筋金入りですよね。
未だにそうなんですか。
そのあたりの仏壇ってどんなんやろ。興味津々。
そのあたりでは、ではお焼香の用具なぞは当たり前に各家庭にあるのですかね。
今回ネットで調べて、本来は家にあるべきだと知って、反対に驚きました。
ずっと、坊さんが忘れてきたと、坊さんがわるいとばかり思って私は怒っていましたから。
ま、現代では、全国的にはうちのような家庭が普通で、だからやっぱりあの坊さんは忘れてきたんだ、ということなんでしょうが…。あはは。

うほっ真宗王国です~
そう、未だにばかげております。
仏間(こういう部屋は無駄なスペースですけどね。ちなみにちまちました我が家にはありません)の一面が開くと、そこ全面仏壇(しかもきんきら)という家はあります。目を背けたくなる光景ですよ。って、自慢げに見せられるからですけどね。
焼香道具、昔はお寺さんが用意していたのでは? 家にあるようになったのは近年だと思います。

ribbon太郎の母さん
コメントありがとう。
やっぱり未だにすごいんだね。
すこし前までは本願寺の門主の入ったお風呂の残り湯を飲んだら病気にならないとか言ってありがたく飲む地方があったっていうじゃん。そのあたりもそうだったのかな。
実家に仏間はあるよ、居間の隣で、仏間と居間の間に障子があるのだけれど、普段は開けたままで、で、その仏間は泊り客が来たら障子を閉めてそこに寝るのね。
だから無駄なようで無駄でもないスペースになってます。
(ただ、仏間と居間の境のところに大きなTVが置いていて、耳の遠い父が起きている間中すさまじい大音量でTVを見るので、病気になる前に介護で帰った時の私は夜は父に何度もブザーで起こされ昼はTVの大音量で、とにかく昼夜寝ることができないという環境だったため、今回は病人の私としてはホテルに泊まったの)
仏壇は半間くらいに収まっている大きさのもので、それは私が子供の頃からのものだからずいぶん古いわ。

焼香の用具、ネットで調べたら、本来はあるべきもので、近年の都会では無い家が多いから坊さんが持っていく、というようなことが出ていました。
でもほんまかいな、と思いますよ。
信仰の篤い地域ならともかく、めったに使うものではないし、無い家の方が圧倒的だと思うの。
未だにちょっとあの坊さんに怒っている私。ははは。
まあ、すんだことだし、しょうがないけれどね。


お疲れ様でした。
我が家も主人の方は曹洞宗です。
主人の両親とも順番に亡くなって、
法事はいつもお寺さんの方へ出向きます、
お位牌を持って。
3回忌以降は、私達家族だけです。
私の実家は真言宗(だったと思います^^;)だったので、
法事の時もお焼香する事に、小さな驚きがありました。
お寺さんでするので、お寺さんが用意くださってるものです。
自分達の家族だけなので、お料理とかもなし、
帰りにドライブインで食べて帰るという感じです。

ribbonおケイはんさん
コメントありがとう。コメ返遅くなってごめんなさい。
真言宗はお焼香を法事でしないんですか?
ほんとうに、色々ですね。
ともかく身体が動けなくなってしまった父が主で行う法事なので、家でするしか仕方ないのです。
3回忌以降は家族のみでというケースこのごろ多いですね。
夫の実家もそうしています。

ところで近ぢかまた函館へ行かなければならなくなりました。
父の見舞いと家族で話し合うこともできましたので。
今その日をいつにするのか、一番下の弟の仕事の都合で調整中です。
今年は何度も飛行機に乗るな~。ははは。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527640/53442466

この記事へのトラックバック一覧です: 夏の思ひ出 (2)函館・港祭りと法事:

« 夏の思ひ出 (1)札幌 | トップページ | 夏の思ひ出 (3)函館・思い出ぶらぶら »