2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 春の食卓 | トップページ | 生もの解禁!!!(4月11日 25回目の通院日) »

2013年3月23日 (土)

期間限定(続・春の食卓)

春の食卓の第2弾です。

ふきのとう味噌をまた作りましたので、我が家の作り方と共に写真UPします。

それから今の時期だけ売られる「生のひじき」もご紹介します。

+期間限定(1週間のみcoldsweats01)で、先日行ったイベントの写真もUPします。

restaurant

まずはふきのとう味噌です。

出来上がりをぐい呑みにちょっとだけ入れました。まあこういうものはちびりちびり食べるものですから。ははは。Photo

Photo_2 Photo_3

このお料理のために今回ふきのとうは6個使いました。10個入って315円で売っていたので残りの4個は天ぷらで前日食べました。

左の写真は10センチ角のジプロックの容器に入れた全体像。右の写真はミルクパンで作った時の最後の状態です。

ふきのとうは洗ったら半分に切って、少し塩を入れたお湯でゆでます。

そのあとで20~30分くらい水にさらし(苦いのがマシになるので)、次に、水をきゅっとしぼって、みじん切りにします。

ミルクパンのような小さなお鍋にサラダオイルをすこし入れてみじん切りしたふきのとうを入れて、ちゃっちゃっちゃと炒め、今度はお味噌とお砂糖とお酒を入れます。

お味噌は普通のお味噌でもいいですが、あったら白みそをすこし加えたらより美味しくなりますよ。今回は家にあったコメ味噌と甘めの麦みそと白みそ(西京味噌)を適当にブレンドして入れました。

お酒は味噌とふきのとうが溶けて混ざるのにいいかんじになるくらいの量です。

少なくてもうまくいかないし、多くてもゆるくて困ります。

それで火を入れて上の写真のようになったころに出来上がりです。

お味噌とお砂糖の分量は、ふきのとうとのバランスもあるし、自分の好みの甘辛さに作ってください。すこし甘い方がおいしいですよ。

お酒のアテ(つまみ)にちょっとずつ、おちょこや珍味入れに入れて食べたり、ごはんのおかずにしたり、お豆腐にのせて食べたりします。

restaurant

次に、このあたりでは、今の時期だけ売り出される生のヒジキです。

新物の生ヒジキの茹でたのが近所のスーパーで2週間くらいだけ出ます。

歯ごたえがあって、すごく美味しいのですよ。

Photo

ひじきの一本が、中には20センチくらいの長いのがあったり、色々なので、洗ったあとで適当に切って、あとは皆さんが良く知る普通の乾燥ヒジキとまったく同様にして煮物にします。

我が家では人参、油揚げ、大豆水煮と一緒に炒め煮にします。

こういうのがあると、2,3日は常備菜にできるので楽です。

ストアなどでは、乾燥ヒジキを戻した状態の物が年中売られていますが、これは乾燥してない生ヒジキです。

見かけたら試してみてください。

eye

camera

ban

最後に、今の時期だけってことで、1週間だけUPします。

先週の土曜日に行った30周年記念トークイベントの模様です。

全体的には賞の贈呈式+トークイベント+祝賀パーティがあったのです。 ⇒報告

ここではトークイベントの時の写真のみ貼ります。

右端の横顔が私です。へへへ。

よく見るとメガネがずり落ちてます.

(写真は削除いたしました。怖いもの見たさの方は、上の報告をクリックして、どうぞ公式ブログでご覧ください)

« 春の食卓 | トップページ | 生もの解禁!!!(4月11日 25回目の通院日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

で、でました~sign03お得意の期間限定公開写真flair
お酒の飲めるお顔してらっしゃる・・・なーんちゃってbleah
さっそく、ふきのとう味噌の写真&レシピ、
ありがとうございますheart04
徒歩5分以内にスーパーあるのですが、まだそこまでは
歩いてないので、近々、見にいきたいと思います。
ひじきの生、見たような、見ないような…coldsweats01
そうか、大豆も入れるんですね…
また、どちらもwink挑戦したいと思います

受賞おめでとうございます。
家族ですごいね~って話していました。

ふきのとう味噌は岩手のお土産で既製品を買ったことはありますが、
自分で作ったことはありません。
レシピ参考にさせていただきますね!
ちなみに、わが家は普通の味噌=米麹の白味噌で~す。

ユウコ様
賞の贈呈式、ご苦労さまでした。
どんどんすそ野が広がっていて、ユウコさんたちのお働きの成果がしっかりあらわれていますね!
これでしばらくは自由になれますね。

フキノトウと生ひじき、どちらも大好きな食材です。
生ひじきは湯通ししてそのままサラダで食べるのが好きです。
なんといってもカロリーゼロですからね。
写真を見ていてフキノトウの香りがこちらまで漂うような気がします。
あああ、フキノトウの天ぷら、食べたくなりました!!

ribbonおケイはんさん
ご訪問ありがとうございます。
おケイはんが「ふきのとう味噌」を作ってみようと言われたので、しっかりレシピを書きました。
やってみてください。

ヒジキの煮物ですが、我が家ではたいてい大豆の水煮(100円で真空パックの状態で売っているものを半分くらい)を入れます。実家では大豆は入れずにチクワが入っていました。その家その家で色々なんですね。ははは。
(私は大豆の方がヘルシーかなと思って入れてます。両方入れてもいいけれど)

ribbonあめぶるさん
コメントありがとうございます。
え~~と、私が賞をもらったのでなくて、渡す方の仕事をしていますcoldsweats01

ところでお味噌の話ですが、あめぶるさんのコメントで気が付きました。
そういえば東北や北海道でも「白みそ」っていうのがあるのですが、関西で言う「白みそ」はめちゃ甘い京都風のお味噌の事なんです。お砂糖が入っているのかと思うくらい甘いんですよ。
そのお味噌でこちらの方はお雑煮を作ります。
最初はどうも口に合わなかったのですが、33年もいるうちに、それも美味しいと思えるようになりました(しみじみ)。
辛子酢味噌なんかもこの白みそを使います。

あ、最後に、写真の一番左の女性は津軽の産んだ某文豪の娘です。この方もまた現在の日本を代表する作家です。

ribbonこごろうさん
コメントありがとうございます。
そうですか、こごさんは生ヒジキはサラダにするのですか。
それも美味しいと思いますね。
一度我が家でもやってみましょう。

まあ、今年の授賞式は終了しましたが、あんまりノンビリもできず、次回の締め切りが5月末日ですから…。
告知のお願いにまた奮闘せねばです。think
でもホッと一息ってところですね。

ちゃんと理解していませんでしたね、私…
お恥かしいかぎりです^^;ハハハ

ribbonあめぶるさん
いえいえ、こちらこそ分かりにくい書き方だったかと思います。
またよろしくです。wink

ぉぉぉぉ!!!!ユウコさんすてきshineうふふふふっhappy02
アタシも以前期間限定で出したですよっ^^
ふきのとう=ばっけ とアタシの地元では言います。
でもってばっけみそ!!!お酒にあうんですよねぇbottle
アタシは毎年実家からつんだばかりのふきのとうをたくさんいただきます
昨日もちょうど貰ってきてきざんで鰹節と醤油であえて
あつあつほっかほかのご飯にかけて食べました!!!
おいしぃすよ!
ばっけみそアタシも明日作ってみよぉぉぉ!!!

ribbonミキティ♪さん
コメントありがとうheart01
そうなんや、「ばっけ」っていうのかそちらでは。
で「ばっけみそ」もミキティ作るんだね。ほんとあれは日本酒に合う。
なんとも余韻のある苦みと甘み、旨味がうれしいよね。
ご飯にも合うし。

ミキティの「きざんで鰹節と醤油であえた」やつ、お手軽そうに書いているけれど、やっぱり茹でて作るのかい?
鍋で煮る佃煮っぽいものなのかな。なんか気になる。
また教えてね。sign01

うわ~、なまユウコさん==はじめまして♪です。

お疲れ様でした。素敵です♪アバよりすてき~^^大人ですぅぅぅ~~

ふきのとう、大好きです。私は、刻んで納豆とかお味噌汁にさっと・・・・春ですよね^^美味しいお味噌も真似してみます

ribbonすーさん
ご訪問&コメントありがとうございますheart04
ふきのとうをお味噌汁に入れるのですか、わ~、香りがたつでしょうね。
こちらこそ真似してみたいな。
タケノコもそろそろ出てきたし、春は生命を感じさせる若い食材が美味しい季節ですよね。

昨日は桜も満開だったので、花見をしました。
近々UPします。
またよろしくです。


コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527640/50904340

この記事へのトラックバック一覧です: 期間限定(続・春の食卓):

« 春の食卓 | トップページ | 生もの解禁!!!(4月11日 25回目の通院日) »