2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月

2012年8月27日 (月)

講座は無事終了

この23日に久しぶりに講座をしてきました。

マスクを取って100人近くの人前で話すのは退院以来初めてです。

電車に乗って大阪駅からまだ遠くの兵庫県川西市まで行ったのも、退院以来初めてです。

でもおかげさまで無事に終了しました。

およそ半年ぶりに人前でお話ししたのですが、それが楽しくて、私ってどんだけおしゃべりな人間なんだい、と思いました。

講演中はマスクなしでしたが、その後も体調に特別な変化もなく、心地よい疲労感。

何事もなく、よかったgood

タイトルは、大河ドラマ考察「平清盛」、です。

場所は川西市多田公民館で、ここではもう8、9年くらい前から年に一度講座をしています。

ここから一番最初に呼ばれた時には「戦国意外史──女城主と女鉄砲隊」というタイトルで、江戸時代より前の女性の権利や相続の話を交えて、戦国時代を背景にしたTVドラマではほとんど触れることのない、女の殿様がいたとか、実戦で戦った女性たちの話をしたのでした。

それが縁で、毎年呼ばれるようになったのですが、その次からはNHK大河ドラマに即した内容で、ドラマで描かれているストーリーと史実(といわれるもの)の違いを話してほしいということで今まで来ております。

で、今回の平清盛ですが、会場のある多田というのは多田源氏の本拠地です。

公民館のすぐ近くには武士の源氏の祖ともいうべく源満仲(この人がこの多田に住み、多くの郎党を養って武士集団を結成した。このあたりの山からは銀や銅など豊かな鉱物資源があっり潤沢な財源になった)を祀る多田神社もあるような地域で、今回のようなドラマには一家言ありそうな方々が揃っておいでのところです。

さあ、おもしろい。

あの大河をみなさんどのようにご覧になっているのか。

私、冒頭に、某知事の「映像が暗い、汚い」発言とNHKの「史実を再現している」と回答したその話題から話を始めました。

(ここから下は自分でも思いもかけず長くなりましたcoldsweats01 ので、興味のない方はスルーしてくださいませ m(_ _)m )

clover

平安時代はきらびやかで派手な貴族の生活があったことは確かです。しかし都の中であっても一歩外に出たら、あの映像のように飢えて汚い姿の人々がいたことも確かです。

ただ一番問題なのは、そのような襤褸をまとった人々のなかに若き清盛がいたかどうか、なのです。

その部分は、ドラマを面白くするために作った虚構で、違うと私は思います。

また清盛の父、忠盛の姿なども史実よりも数段落ちる描かれ方をしているように思います。

水銀や真珠や豊かな海産物の採れる伊勢で勢力を拡大してきた彼らは、身分こそは低かったものの、清盛の祖父・正盛の代ころにはそんなに貧乏ではありませんでした。

中央政権に近づきたいがために知恵者であった正盛は白河院に持っていた所領を贈り、その覚えめでたく白河院に取り立てられ、院をガードすべく、北面に常駐する「北面の武士」として仕え、その流れで白河院が晩年に寵愛した祇園女御をもガードし、彼らの信頼を篤く受けます。

白河院と祇園女御の寵臣として、正盛もその子の忠盛も、おかげで受領としてわりに豊かな国へ任官され、ますます富を蓄えていくのです。忠盛の代には私的に宋との交易もし、さらに財を増やしました。

交易では珍しい品物が入手できたので、折にふれ皇室や貴族たちへの贈答品として使い、気難しい上級貴族たちとの付き合いで役にたったと想像するのはやぶさかではありません。

身分の差のはっきりしていた当時、身分は上級貴族とは比べものにならないものの、人もうらやむ巨万の富を得た人と言われたのが清盛の父・忠盛でした。

ですから、華美ではなかったとはいえ忠盛の邸宅や妻の宗子の衣装など、もうすこしきらびやかであってもおかしくなかったと私は思います。しかも宗子は皇位を継いでもおかしくなかった崇徳天皇の第一皇子・重仁親王の乳母をつとめた人物、当時の宮廷の女性たちともつながりが密にあって、彼女の人脈と社交術で忠盛を助けたといわれますから、それなりの美しい衣装を着ていたのではないかと私は思いますがね~。

そして肝心の清盛ですが、出生に怨念とか奇妙な話を入れて、出生の秘密に悩み、また継母・宗子の愛情に対してすこしいじけたような少年期の清盛像にする必要があったか。

まあこれは作者がその方が面白いと思ったからなんでしょうが、当時ならば、このクラスの子には必ず乳母が付きます。

伊豆に流された頼朝には3人の乳母がいました。

清盛にも同じくらいの数の乳母がいてもおかしくはないのです。

乳母とは実際に乳を与えるだけでなく、養育までもして、その関係は乳母一族も含んだ特別深いものになります。

つまり、実母が早くに亡くなったとしても、実母のように護り育ててくれた一族がいて、その人々に大切に育てられたのが実際の清盛のはずなのです。しかも祇園女御のささえが少なからずあったのは間違いないようだし…。

ではどうしてドラマのような少年期を送ることにして、しかもNHKが「史実にちかい」発言ができたのか、というと(くどいですが今昔物語に出てくるような、追剥ぎや浮浪者が都にいたことは確かでしょうが)、この場合は後の時代に成立したフィクションの「平家物語」に原因があるのです。

「平家物語」では鹿ケ谷の陰謀がすっかりばれてしまうのは、僧の西光が捕まった際、清盛を罵り、その言葉に激怒した清盛が、怒りのあまり、彼をすぐに殺すような楽な死に目にはあわさず、何日もキツイ拷問をしたので、西光がとうとう口を割って全部ばらしてしまった、ということになるのですが、その清盛が激怒し最初は言葉も出なかったという西光のセリフが、

「御辺は、故刑部卿忠盛の子でおはせしかども、十四五までは出仕もし給わず、故中御門籐中納言家成卿の辺に立ち入給しをば、京童部は高平太とこそ言ひか」

なのです。

あんたは14、5歳までは仕事もしないで、藤原家成卿の家に出入りしていて、京都のガキどもに高平太(高下駄をはいた平家の長男)と噂されていた、というような意味です。

その後も、ちょいと海賊をやっつけたもので成り上がったとか、父親の忠盛の悪口までも言い募るので、清盛は怒り心頭に達したということになっています。

さて、このセリフに出てくる藤原家成卿とは、身分的には摂関家、清華家などには劣るものの当時院政をしいていた鳥羽上皇の一番の寵臣で、飛ぶ鳥を落とす勢いのあった人物です。

家成のイトコが鳥羽上皇の寵妃(産んだ子が皇位を継いだので国母として鳥羽院の皇后に)美福門院得子、さらに清盛の継母・宗子も家成のイトコです。

平家物語の本の中には、「位も冠ももらえないままだったのでかわいそうに思った宗子がすすめて家成のところに出入りしていた」と、もうすこし細かい話が付け加わっているものもあるようです。

つまり、若い頃の清盛は、ドラマのような野良犬みたいに町の浮浪児たちとうろついていたのではなく、時の権力の中枢で活躍していた藤原家成の邸宅を出入りしていたのであって、しかも14、5まで出仕もしなかったわけではなく、実際は12歳の若さで公卿の嫡男のスタートと同クラスの従5位下左兵衛佐に叙任され、当時の人々の耳目をおどろかしたと、貴族の日記に書かれているのです。

平家物語は史実を取り入れながら面白く作られたフィクションです。

今ではこの部分、鹿ケ谷の陰謀さえ、むしろ当時ややこしかった後白河院の勢力をそぐために院の近臣を排除しようと清盛がでっちあげた事件ではないかという研究者もいるほどです。

clover

わ~、えらく長く書いてしまったわ~

(こんなはずではなかった。ははは。でもまだ言い足りない…think

継母・宗子が頼朝の助命嘆願した実際の背景。

それとかかわる頼朝の母方の実家・熱田神宮大宮司家の話。

それから、驚くことにドラマでは祇園女御と傀儡女・乙前とが同一人物として登場(松田聖子の役ね、これなどホンマありえへんお話)

など、など。

まあ、そうしたドラマや物語と今わかっている史実との違い、研究者などの推理などを中心にお話してきたのでした。

clover

基本、ドラマは歴史の勉強ではないので、面白く楽しめたらどんなふうに描かれてもいいと思います。

水戸黄門がハワイへ行ったというようなありえない内容でも、そのドラマを見ている時間、人の心を魅了して、ああよかったと喜んでもらったら、それでいいと思います。

ただ、もし興味があって、機会があったら、それがどう史実(と学者や研究者にいわれていること)と違うのか知ることも楽しいと思います。

私はそもそもそんな立ち位置、視点から今まで物語を調べてきて、そうしたところからいつも話をしています。

ともかく、久しぶりに仕事した~、と実感して帰宅しました。

2012年8月22日 (水)

15回目の通院日

昨日(8月21日)は退院後15回目の通院日でした。

その採血結果は、ほとんど足踏み状態。

まあ血小板だけが8万にUPとうれしい数字ですが、あとは喜べない、なんともいえない結果で、このまま2週間、薬など減量せずにようすをみることになりました。

clover

採血の結果です。

白血球 1980/ul  (前回1800/ul  前々回1670/ul  基準値・女性 3500~9400

好中球  830/ul  (前回990/ul 前々回970/ul  )

赤血球 244万/ul  (前回247万/ul  前々回249万/ul    基準値 380万~500万/ul

ヘモグロビン 8,8g/dl  (前回9,0g/dl  前々回9,1g/dl  基準値 11.5~16g/dl

血小板 8,0万/ul  (前回7,0万/ul  前々回7,0万/ul  基準値 15万~35万/ul

clover

3週間前から突如数値が半分に減って心配していた白血球は、前回同様、ほんの少しだけUP。

ただし好中球はかえって少なくなっている…。

いったいどうして白血球が下がったのか、好中球も下がっているのか、そのあたりが分からないのですが、担当医に伺うと「単球があるのでそんなに細菌に心配するほどでもない」というようなお話でした。

単球というのも好中球と同じに白血球に含まれるもので、同じように細菌を殺す役目をするもののようです。

その単球が今回は14%ありましたので、好中球が少ないけれど細菌の感染にそんなに心配しなくてもよい、ということなのだと思います。

ただ単球も多すぎると問題をおこすようです(基準値は4%~10%)から、14%の私としてはどうなんでしょう、微妙ですよね。

まあ専門医がそんなに気にしていないのですから、そのくらいの数字ならいいのでしょうか。

ともかく、そんなことで、まだまだ食べ物要注意です。

clover

とはいえ、今日の夕飯は鶏の胸肉でチキンカツ、その付け合せにキャベツの千切りを生で盛って食べました。

へへへhappy01

よくよくよ~く洗って、その上、水道水に30分漬けてから、さらにさっと洗ってお皿に。

ここまでしたらいいでしょ。

退院してから初めて生でキャベツ食べたわ。

めちゃ美味しかった~。

すいかも食べたくて、で切ったものは不安なので小玉スイカを買って外側きれいに洗って、それで2日に分けて夫と食べている私です。

美味しいけれどスイカはこの頃季節も終わりなのかボケてきていて、外からでは状態が分からないので、すこし残念なかんじがするのですよ。

切って並んでいる大きなスイカを選んで食べたいな。

まあ贅沢な不満です。

入院前日は車イスで輸血しに処置室へ連れて行ってもらった私でした。

あの時はほんとうに死ぬかと覚悟したほどつらかった。

それから考えると、こうしていることだけでもありがたいです。

clover

明日、久しぶりに講座の仕事をします。

久しぶりなので、不安もありますが、復帰できることがうれしいです。

血球の数値はまだまだまだ、ですが…。

(がんばれーsign03 私sign01

2012年8月21日 (火)

プチ避暑

更新しないまま2週間ちかく経ちました。

暑くて、だらだら、ちょびっと仕事、という日々を過ごしていました。

そういえば前回の更新後のお盆休み前はすこし忙しかった。

連載しているエッセイのゲラの校正とか、この23日にする講座のレジュメ作りとか、それに伴っての本読み、私が代表者として主催している文学賞の下読み(候補作までを選考するために作品を読む)などがあって、あのころはバタバタしていました。

お盆休み前に済ませて、休みはゆっくりと、と、それは私がというより下読み以外は、世間様の事情でそういうことになったのですね。

で、病人の私はそれらを済ませた後、先月に引き続き近場のホテルへ避暑にまいりました。

ホテルは先月同様、シェラトン都ホテル大阪、ただしお部屋はすこしUPしたジュニアスイートのお部屋にしました。

豪華、とはいえ、料金は二人で一泊14,000円。

実は宿泊者の1名が60歳以上なら本来のお部屋の値段の半額というもので、連泊が条件のものでした。

前も書きましたが以前入院した病院の個室が15,000円弱、ですからそのくらいの金額ならば、ちょっと贅沢だけれど病気なのだし、しんどい時期は入院したと思ってホテルで楽をさせてもらおうという魂胆です。

で、いつもながら中途半端に写真が残っていますのでUPします。

025 027 029

お部屋は50㎡近くあると思います。

元は2つだった部屋を1つにリフォームしたのではないかと思う痕跡が天井にありました。

このお部屋には、私は7年ほど前北海道から来た友人と一緒に泊まったことがありまして(その時もわりと安いプランだった)、気持ちが良いお部屋だったので、今回は夫がめでたく60歳というので、迷わず申し込んだのでした。

食事は3日間、何を食べたのか、もう記憶になかったりcoldsweats02 しています。

ただ忘れられないのは翌日のお昼に食べたこのホテルの中華レストラン「四川」のことです。

                037

ここは食事だけでも何度も行っていて、美味しいのは充分知っているお店です。

でも今回はそれだけでなく、ちょっと感動したのです。

食材で食べられない物を最初に聞かれた際、私が、

「菌に対する抵抗力がないので生野菜や生ものを食べてはいけないと医者に言われているので、生野菜は抜いてください」

とお願いしたら、料理人が生野菜や生ものという以外にメニューの中から心配な食材をすべて違うものに替えてくださったのです。

このこと、プロの意気を感じ、うれしく、ありがたく思いました。

とはいえ、またまた写真の撮り忘れcoldsweats01

前菜とスープは完全に食べるので一生懸命。

前菜は3種類の中のクラゲのかわりに揚げたヒラメの酢漬けがありました。

スープは人参のポタージュスープでした。

次のメニューが、薬膳小海老の陳皮、クコの実炒め ↓

             030_2 031 

             本来はクコ入り、私のはクコは抜いて(やさしいお味でした) 

                

              033 034

             牛のヒレ肉をハスの葉で包んで蒸したもの(味はお味噌。柔らかくて美味しかった~)。

              035

これはトーフのステーキ。このお料理には本来は生野菜のサラダが付いていたのですが、わたしのお皿には水菜とレタスを茹でて、なおかつシャキッとさせたものがたっぷり乗っていました。

このお野菜が、トーフステーキのソースの甘辛いものとよく合って、とても美味しかったのです。これが一番感動モノでした。

で、この1皿に感動してしまった私は、はははhappy01、幸福のあまり、その後のお粥やデザートやハーブティの写真も、撮りませんでした~。

お粥は白米に赤米がすこし混じっているもので美味しかったです。

デザートはシロップの中に賽の目に切った赤いきれいなゼリーと、その上に白きくらげが乗っていました。

上品な甘さ。紅白のコントラストがきれいで、おまけに「お肌によさそうね~」と、私、はしゃいでいました。

ハーブティは生姜とかいろいろ混じっていて、それも血行によさそうなものでした。

コースはランチの美麗飲茶膳で3,200円でした(宿泊の割引券でさらに一割引きに)。

clover

で、お昼はそこそこカロリー取ったので、その日の夜は、新歌舞伎座が入っている隣の商業施設にある道頓堀・今井で軽く、夫がキツネうどん、私はお煮しめと季節の炊き込みご飯(コーン)を頼んで、分け分けして食べました。

     038 041

今井は大阪を代表するうどんのお店ですから、問題のあろうはずもなく。

とくに出汁巻き卵が美味しかったな~lovely

clover

朝は毎日ちかくのパン屋さんのモーニングセット(ここのが美味しい)。

で、さて、はて、私、最初の夜に何を食べたかまったく記憶にございません。

ヤバイな。

あ、あ、思い出しました。

隣の近鉄百貨店のレストラン街の鰻の江戸川で、鰻を食べましたわcoldsweats02

夫はちまちまお刺身や炊き合わせやが鰻のほかに色々ある定食を、私はひつまぶしを頼んで、すこし夫に分けてあげたのでした。

clover

という、避暑でした。おかげさまでホテルの中はどこも涼しいので身体が楽でしたよ。

あと、このプランは夕方から同じ階のラウンジのサービスが受けられる、というので私も久しぶりにラム酒をトニックで割ったカクテルを飲みました(病人だから半分だけね)。

気持ちよかったわ~。

はやくせめて2杯くらい飲めるようになれるといいな。

clover

最後に、我が家の車、もう製造しなくなったセリカ、7年目です。

先日ココログ広場で親しくなったみつひろさんのブログを見て、セリカのオーナーだと(それもかなりのこだわりを持った)と知り、広場でセリカ談義をしました。

そんなことで、今日は最後にうちのセリカをちらりと貼ります。

ホテルに行くので洗車したばかりだったので、いいかと写真に撮ったものの、動いてしまったのでぶれてしまいましたが…。

      023 024

夫と知り合った30数年前も、夫は赤の初代セリカのリフトバックに乗っていました。

現在はセリカの最後のもの。最初と最後のセリカに乗ってるんだと、改めて驚いています。

clover

さて、このあとの日常は、もう暑さでだらだらしまくっています。

もう一度避暑に行きたい私です。

2012年8月 8日 (水)

良くもなく悪くもなく…

昨日(8月7日)は14回目の通院日でした。

先週白血球が突然2週間前の半分の数字になったので、担当医が心配して(まあ誰よりも私が心配)、急遽1週間後の昨日に採血検査したのでした。

その結果が、微妙。

たいして良くもなってなく、悪くもなってなく。

ということで、内服薬は現状のまま、あと2週間様子を見る事になりました。

clover

採血の結果です。

白血球 1800/ul   (前回1670/ul 前々回3240/ul   基準値・女性 3500~9400

好中球  990/ul  (前回970/ul 前々回2240/ul )

赤血球 247万/ul  (前回249万/ul  前々回255万/ul   基準値 380万~500万/ul

ヘモグロビン 9,0g/dl (前回9,1g/dl 前々回9,3 基準値 11.5~16g/dl

血小板 7,0万/ul  (前回7,0万/ul 前々回7,4万 基準値 15万~35万/ul

clover

ほんとうに数字を見たら微妙です。

足踏み状態。

ただし網赤血球(赤血球の赤ちゃん)が5,14万/ul(前回4,63万 基準値2,24万~8,29万)で、網血小板1,9%(前回1,2% 基準値1,1%~6,1%)と基準値内です。

この網赤血球と網血小板の数字で何が判るかと言えば、きちんと骨髄から血を造っていることが判るのです。

ではいったいなぜ白血球が半分に下がったのかは謎なのですが、私が素人考えで思ったステロイドを1日おきに飲まない日を作って減量したことによるかな~、というのは、医師は「それは考えられない」ということでした。

まあ白血球というのは何かがあるとすぐに上がったり、非常に動きやすい血球のようで、今回はなにがどうしてそんなに減ったかは、まだ不明ですが、微妙にUPしているし、赤血球や血小板の数字を見る分には、病気が再発して悪化という最悪のことではないようなので、今まで通りの内服薬で2週間様子をみることになりました。

だからステロイドはおかげさまで増やされずに、1日おきに2,5mgですむことになりました。

2週間後の数字によりますが、すこし安心(しかし油断禁物)です。

ステロイドの副作用でなったムーンフェイスも、この頃はかなり元に戻りつつあります。

&、ステロイドのプレドニンと免疫抑制剤のネオーラルのどちらもの副作用でなった多毛症も、この2、3週間ほど前からずいぶんマシになってきました。

ほんとうにステロイドは両刃の剣だと実感。

恐るべし、です。

ともかく、もうしばらく、夏バテに負けず、きちんとバランスよく身体に良いものを食べて、病人らしくおとなしくしています。

2012年8月 4日 (土)

どうした、私!

信じられません。

13回目の通院日(7月31日火曜日)にした採血が、前回の数字とは打って変わり、白血球が半分に、白血球の中の細菌を退治してくれる好中球が半分以下で1000を切る数字になっていました。

shock

隔日2.5㎎に減量したステロイドの影響ってことはあるかしら?

ともかく好中球1000を切ったら細菌の感染もしやすいので要注意です。

そのせいかどうか、この月曜日に下痢typhoon

会議で梅田まで出かけたのですが、理由を言って会議は早めに終了しました。

下痢はビオフェルミンを2回飲んだあたりで治まり(会議の時は治まったころで)、あとは大事を取って梅干でご飯を食べたりおとなしくしていました。

まあ吐き気もなく、そんなに悪い性質の下痢ではないようだったので、寝冷えかなと思っていました。

クーラーつけて朝まで寝ないと暑くて眠れませんし、それで起きたら薄い掛布団も剥いで寝ていたんで…。

(ちょいと、腹巻買ってこなくては、今年はアカンな。病人だから)

しかし、好中球が少ないので、ふり返って考えると些細な菌で下痢をしたということもあったのですね。

coldsweats01

そんなこんなの後で、火曜日にした採血結果です。

軒並み数字がdown下がりました。

club

白血球 1670/ul (前回3240/ul 前々回2670/ul  基準値・女性 3500~9400

好中球  970/ul (前回2240/ul 前々回1040/ul )

赤血球 249万/ul  (前回255万/ul 前々回264万/ul  基準値 380万~500万/ul

ヘモグロビン 9,1g/dl (前回9,3g/dl 前々回10 基準値 11.5~16g/dl

血小板 7,0万/ul (前回7,4万/ul 前々回6,4万 基準値 15万~35万/ul

club

まあ、白血球以外は、下がったとはいうものの、網赤血球は4,63万/ul(基準値2,24万~8,29万)はありますし、網血小板も1,2%(基準値1,1%~6,1%)ありますので、それらはまずまずで、問題は白血球のみです。

前回が基準値にかなり近くなっていて、好中球はもう立派な数字だったので、

いったいどういうことなんだsign03

と、ショックです。

そういえば好中球は前々回は1000を切る直前でした、それが次に2千台まで上がり、今度は1000を切る。

ジェットコースターじゃあるまいし、上がったり下がったり。

club

ともかく、そのようなことで、最近は2週間に1度の通院だったのですが、急遽1週間後の来週火曜日にまた採血して、結果を見てもらうことになりました。

今週の数字が良ければステロイドのプレドニンは切る予定だったのですが、来週までは今まで通り一日おきに2,5mg。それで結果が変わらなければ、プレドニンを切るというより増量して様子をみながら再度減量ということになるようです。

無理しないように病人生活をして、あと数日、白血球を増やすべくがんばります。

(って、どうすんねん。バナナか? お灸か? 俄に何かしても数日ではアカンやろ。バテてる場合とちゃうぞ、出ろ出ろsign03 白血球sign03

think

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »