2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »

2012年7月

2012年7月29日 (日)

暑い (+o+)

暑中お見舞い申し上げます。

あ~~、暑い。

sun

sun

台風が二つ続けて来たあたりから、微妙に体調に波があり、とくに急に暑くなりはじめたここ半月前からは、身体が暑さについて行けず、時によっては好きなこと以外あまり動けず、寝たり起きたりなんていうこともあるこの頃です。

出来事は色々あってブログの更新用に写真も(中途半端に)撮ったりしたのですが、今一つまとめる気持ちになれませんで(仕事も今月末で4枚ほどのエッセイがあるし、他にも賞の下読みがあって…、で)、貯まっております。

そこで今日は中途半端に撮った写真を一気に載せます。

まずはこのところ週に一度は朝食をロイヤルホストで摂っています。

だるくて作るのがめんどくさくて…。

で、私は毎回ここのパンケーキ。これは美味しいheart04

薄く焼いたパンケーキ3枚。あまり甘くなくて好みの味です。

飲み物はドリンクバー付。3杯は飲みます。ははは。

最初はサービスでウエイトレスさんが飲み物を持ってきてくださるのですが、その時にはドリンクバーにはないミルクを頼んで、あとはコーヒー、3杯目はハーブティ。

夫は毎回違うものを頼みます。この時はスクランブルエッグとソーセージとポテトの揚げた物。食パン、これが8枚切りのを2枚。

関西では普通ありえない厚さ。普通は5枚切り、喫茶店では4枚切りを半分ってことあるけれど。

しかし慣れたらこの薄いのもパリッとしてまずまず。

001  003

2人で1200円くらいです。

clover

あまり暑くて、私だけでなく夫もしんどいので、前回の病院への通院日には病院の近くにあるシェラトン都ホテル大阪の安いプラン一泊一室9900円(二人で)を一休.comで見つけて2泊避暑してきました。

ほんとうはもっと涼しいところに10日間ほど行きたいのですが、私の病気ではまだ遠くはいけないし、贅沢ではありますが、お金を持って死ねないし。

よくよく考えれば入院していた時に無菌室から一般病棟へ移る際に、大部屋ではなく個室を選んだ(治療で必要だった無菌室は個室でしたが無料です。その治療の副作用で半端なく浮腫んだもので利尿剤打って頻繁にトイレ、しかも抗生物質を飲んでいたせいで腸の菌が無くなってなのか下痢もshock トイレが気兼ねなく使えるというのが身に染みてしまい個室を選んだ)のですが、その時の金額が一番安い部屋だったのに1泊1万5千円弱。

そのことを考えると、私は病人だから、まあ、この暑さでは入院したと考えて、そのくらいの金額ならばホテルもたまにいいかな、と。

007_2 009 010

012 014

ホテルの地下にある「のりたけ」というお豆腐&大阪料理のお店で夕食食べました。

お刺身のお皿は湯葉とゴマ豆腐以外の生魚は私は食べられないので夫が二人分。

緑色の蓋のしてある器には炊き合わせが入っていましたが、食べちゃったあとで気が付いて慌てて蓋して写しました。

デザートもあったのですが、それも食べてしまってから気づいたのです。

あとはご飯とみそ汁、それも同じ(笑)。

ここのお豆腐は京都嵯峨野の森嘉のお豆腐を使っています。

とてもヘルシーで美味しかったです。

ちなみにホテルのなかの写真も、気がついたら物をあちこちにおいたり、ぐちゃぐちゃにしてしまっていてcoldsweats01

そんなに素敵なお部屋でもなかったのでいいかと、気づいた後も写しませんでした。

ちょうど1泊目の翌日は日中の温度がかなりだったらしいのですが、おかげさまでホテルの中はどこへ行っても同じ温度、ホテルの横の近鉄百貨店やその隣の商業施設・ユフラまでそのまま繋がっていて涼しいので、ぶらぶら歩いて楽しんでおりました。

ただ、夫はのりたけで夕食を摂ったあと席から立ち上がろうとしたときに、またまたぎっくり腰を再発し、部屋でおとなしくしておりました。

2日目の夕食はそんなことでルームサービス。

夫はこのホテル名物の「ステーキ&フォアグラ丼」を私はウナギ丼を食べました。

clover

さて、それですこし生気を取り戻した私は、そのあとやる気を出して、家で夕飯を作ったのですが、その中で、キハダマグロのカマ(たしか驚きの300円。いや500円だっただろうか、もう忘れたけれど、300円のような気がする)を30分かけて焼いて食べたのです。

             004

これが我ながらとても美味しかった。下のお皿結構大きいのですが、それでもはみ出してます。

あのようなカマ、また売らないかしら。

clover

最後に昨夜の夕飯、衣笠丼。

もう35度以上の気温で、やる気が起きなくて食欲も出ないので、簡単であっさりしたものがいいと思いまして、先日TVの秘密のケンミンショーで、京都の方が良く食べるというお揚げさんと九条ネギ(うちでは青ネギ使いました)をさっと煮て卵でとじ、山椒をふって食べる丼が美味しそうだったのでトライしてみました。

ココログのまちで、親しいこごろうさんに夕飯の話をした時に、衣笠丼の説明をしたのですが、ご存知ないようだったので(私もTV見るまで知らなかった)、写真撮ってUPしてみます。

作り方はTVでみたどこかのうどん屋さんの作り方でやりました。

017 018

↑①甘めのおだしで煮る。             ②先に具をご飯にのせ、汁だけに卵を溶いてふんわりさせて上にかける。

あっさりして美味しかったですよ。

あと、他は買ってきたメンチカツとコロッケと、サラダなどで夕飯終了。

なんともはや、ずぼらな、ろくなもんじゃね~人の食事、もろもろでした。

(ちゃんと頑張った日もあったのだけれど、証拠写真がないもんな。あはは。)

2012年7月21日 (土)

12回目の通院日(7月18日)

私の通院日はいつも隔週の月曜なのですが、今週は祝日「海の日」だったので翌日の火曜になりました。

さて、採血の結果です。

白血球 3240/ul (前回2670/ul 前々回 2660 前々々回3810 基準値・女性 3500~9400)

好中球 2240/ul (前回1040/ul 前々回 1280 前々々回1710 )

赤血球 255万/ul (前回264万/ul 前々回 260万  前々々回256万 基準値 380万~500万/ul )

ヘモグロビン 9,3g/dl (前回10g/dl 前々回9,9 前々々回10 基準値 11.5~16g/dl )

血小板 7,4万/ul (前回6,4万/ul 前々回 6,2万 前々々回6,4万 基準値 15万~35万/ul )

ということで、赤血球がほんの少し減り、ヘモグロビンが少しダウンdownしましたが、他はすべてup、特に血小板は最初に私が勝手に目標にした7万台へupup

白血球も多く、特に好中球は文句なし。

非常にうれしい結果となりましたheart01

そんなことで、今週からステロイドのプレドニンはまた減量され、2,5mgを隔日に飲むようになりました。

実はプレドニンは今週から切ってもいいという話もあったのですが、この暑さもあってここ2週間ほどだるい感じで、好きな事しかしないでズボラをして(料理を夫が作った日も。私は寝ていた)過ごしておりましたので、夫が心配して、プレドニンを切るのはもうすこし待った方がと言うので、担当医も「では隔日に2,5mg飲むようにしましょう」ということになったのでした。

まあ、ステロイドは減量していく時の匙加減、切る時が非常に難しい薬のよう(ただし私の場合は他に免疫抑制剤のネオーラルを飲んでいるので割と減量はし易いらしいのですが…)ですから、その方が私も安心でした。

順調にいっていますので、2週間後の通院日からはプレドニンは無くなると思います。

その上で、今度は免疫抑制剤のネオーラル(現在は160mg/日)を少しずつ減らしていくことになるのでしょう。

早く、減らしてお寿司もお刺身も、トマトも桃も食べたいsign01

もう少しの辛抱。

2012年7月 8日 (日)

晴れた日にゴキのせいで(@_@;)

ありえない。crying

雨天続きでようやく晴れた今日、洗濯物を入れようと洗濯機を覗いたら、shockゴキブリがいた。

ぎゃっと思ったけれど、向こうもそう思ったのか、突如動いて、洗濯層のどこかに潜り込んで消えてしまった。

ぎゃ、ぎゃ、ぎゃあ~~~~。

どうしまんねん。

え~~っ?

ngngng

頭がパニックtyphoonに。

思いついたのは、お水をとりあえず満タンに入れて洗濯機を回して脱水することだった。

その後で、蓋をあけて見たのだけれど、アヤツの形跡がまったくない。

バラバラ事件、手足の一本あるかと思ったのに…。

しかたなく、手洗いでポロシャツやTシャツ数枚を洗って、洗濯機では脱水だけして干した。

しかし、下着や靴下、寝間着、タオルの類を入れて洗濯を通常のようにする勇気は私にはない。

アヤツの死骸がからみついたパンティやタオルなんて、ありえへんcrying

再度、お水満タンで洗濯層を洗ったけれど、アヤツの姿はまたもやない。

どないしましょ。

そんなこんなしているうちに、とうとう日は落ちて、もう夜さdown

梅雨の長雨。

今までずっと室内で干してばかり。

どういうわけか晴れた日に病院へ行かねばならなかったり、用事のあることばかり続いて(快晴だからと干して出ても突然雨が降り出したりするような油断のできないこの頃の天気で)、ようやく、ようやく待ち望んだ用事のない晴れた日に。

ゴキのヤツめannoy

danger

そういえば、生まれた函館にはゴキブリはいなかった。

高校を卒業した後、東京の大学へ進んだ友人たちから「東京にはゴキブリという虫がいて怖い」とアヤツの噂を聞いたのが、アヤツを知った初めだった。

「大きくて、ツヤツヤして、ヨウカンのような色をしているんだ」と友人の一人は説明してくれた。

その友人は男で、ガタイは大きなヤツだったが、

「怖くてぜったい触れない。退治なんか俺にはできない」と言っていた。

一緒にいた女友達も「そう」と深く首を縦にふって頷いたっけ。

私が卒業後に行った札幌ではそんな虫はいなかった。

後で、ススキノを中心にゴキブリは生息しているらしいと聞き、たしかにそれらしき虫を見たことはあったが、ヨウカンのような色ではなく、薄い茶色で形もかなり小さかった。

チャバネゴキブリとかいうらしい。

私が本物sign01 のゴキブリを見たのは、夫と結婚して大阪で暮らし始めてすぐの頃であった。

キッチンの壁にテカテカと艶のある黒い虫がとまっていて、それは大きくて、カブトムシだと私は思った。

実際のカブトムシも見たことは無かったけれど、図鑑やTVなどで見た物に似ていたから、そう思ったのだ。

それでとなりの部屋にいた夫に、うれしくなって、

「カブトムシがいる!」と教えたのだ。

夫は「へ~、どれどれ」とか何とか言って、見に来て、

「何がカブトムシやねん、これゴキブリやんか」と笑った。

その途端にアヤツは羽を広げて私の目の前を横切って飛んだ。

パタパタかブ~ンか、とにかくアヤツが飛んだ時に空気が動いて、それが私の目の前の空気だったので、目に空気が当たったような、そうそう眼底検査の時に空気が目に当たる、あのような感覚(眼底検査よりは弱かったけれど)で。

ぎゃ~~~っ、これが、これが、あのヨウカン色で男でも怖いと言うゴキブリというヤツか。

飛んで私の目の前数センチを横切るなんぞ、許してなるものか、今後けっして許してなるものかsign03

と思ったのだった。

しかし、あとで良く考えると、カブトムシと良く似ているアヤツが、カブトムシなら喜ばれて、アヤツはみんなに嫌われるのはかわいそうなものかもしれないとも思った。

北海道からゴキブリを見たことのない親子が転勤で隣にやってきて、カブトムシのメスかなにかと勘違いして、虫かごに入れてだいじに飼っていた、という話をこの30年の間に美容室などで何度か聞いた。

笑えない。私もそう思ったのだ。

danger

さて、洗濯機のことだ。

2回も水を満タンにして動かしてから脱水したんだから、もう排水されて出てしまったと解釈していいのだろうか。

明日から二日ほど晴天が続くというのだもの、思いっきり洗濯したい。

2012年7月 4日 (水)

11回目の通院日

今週月曜日(7月2日)は退院後11回目の通院日でした。

結果は悪くはなっていません。

前回気になった尿酸値やコレステロール等は普通の数値に戻り、検査の前の数日で食べた物に原因があっただけという結論になりましたが、血球に関して言えば、ここ一か月以上(あの採血失敗時の白血球の高い数値は別にして)ほとんど変わらず、足踏み状態です。

まあ安定しているということで、おかげさまで今週からステロイドのプレドニンは2,5mgに減りました。

clover

今回の採血結果です。

白血球  2670/ul (前回 2660 前々回3810 基準値・女性 3500~9400)

好中球  1040/ul (前回 1280 前々回1710 )

赤血球  264万/ul (前回 260万/ul  前々回256万/u 基準値 380万~500万/ul )

ヘモグロビン 10g/dl (前回9,9g/dl 前々回10g/dl 基準値 11.5~16g/dl )

血小板 6,4万/ul (前回 6,2万/ul 前々回6,4万/ul 基準値 15万~35万/ul )

clover

「もうすこしグッとUPしてくれるといい、特に血小板が…(健康な人の半分以下だし)」

と担当医に話したら、

「6,4万あったらたいていのことは大丈夫、できますから」

そんなニュアンスのお返事。

ほほ~。

「じゃあ、自転車とか乗ってもいいですかね?」と私。

一瞬担当医は、ウッと詰まりましたが、

「いいです」と答えてくださいました。

おおおお、うれしい。

「でも転んだらアザになります」

そう言われました。

……。

自転車で転んだら、まあ、たいていの人はアザができますがねcoldsweats01

ということで自転車で買い物も行けるようですheart04

よ~~しsign03

(まだ乗ってません。ちょっとドキドキ)

 

2012年7月 1日 (日)

読響大阪定期演奏会に行く

ここ数年、読売日本交響楽団の大阪での定期演奏会にお招きいただいて、毎回楽しませていただいております。

今回は特に読売新聞大阪本社発刊60周年と、読売日本交響楽団創立50周年とが重なる記念事業として28日と29日の2日にわたってザ・シンフォニーホールで演奏会が行われました。

ご案内をいただいた時、私は家と病院とせいぜい近所のスーパーにしか外出しない病人でしたが、とくに6月28日のプログラムが素晴らしかったので、きっとそのころにはコンサート会場へも行けるさsign01 ぜったいに良くなって行こうsign03 と思ったのでした。

おかげさまで体調も順調で、2日連続の演奏会のうち、私は6月28日(木曜日)のほうの演奏会に行ってまいりました。

clover

そのプログラムです。

28日は<三大協奏曲>

メンデルスゾーン ヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64

ドヴォルザーク チェロ協奏曲ロ短調作品104

チャイコフスキー ピアノ協奏曲第1番変ロ短調作品23

指揮は下野竜也さん(エネルギッシュに指揮をする方で、私この方好きなんです)。

ヴァイオリンは川久保賜紀さん チェロは上村昇さん ピアノは辻井伸行さん

どれもとても有名な曲、そして人気の辻井伸行さんのピアノ演奏はほんとうに心待ちでした。

           005

          (私の膝の上に置いて写したのでちょっと凸凹で見えにくいです、すみません 詳細リンク 

最初のメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲の演奏が始まると、この曲は私が中学校時代課題曲で、なじみの曲でしたから、身体の奥からじわ~~っと、何とも云われぬ気持ち、あ~私、生きて来れてよかったな~、というような気持ちが湧いてきて涙が出ました。

ヴァイオリンの演奏家もチェロの演奏家(この方は京都出身の方で関西にファンが多い感じが会場から受けました)もよかったheart01

心待ちにしていた、ピアノの辻井伸行さん、ちょうど私の席は、彼の弾く指がはっきり見えるありがたい席で、思った以上に大きな手で若々しくエネルギッシュに弾くのがとてもよく判り、感動しましたnotenotenote

会場の拍手もいつも以上に大きく、長かった、と思います。

ステージでは、指揮者の下野さんが盲目の辻井さんをエスコートして中央のピアノの所まで歩くのですが、お二人の背丈、横幅が似ていて、まるで双子か兄弟のようでした。

それから、2年ほど前の下野竜也さんと比べると、今回は3分の2くらいに痩せた感じがしました。このくらいが健康にはいいでしょうか。前の感じが好きではありましたが…。

もう大満足、血液が浄化されたみたいな良い気持ちで帰りました。

clover

ところで、このコンサートにはぎっくり腰の夫と一緒でした。

ぎっくり腰でへっぴり腰でおまけに足の指の爪が剥がれて歩きにくい夫は、家からコンサート会場まで歩いたり電車に乗ったり(下手すると電車のなかは立ちっぱなし、乗り換えでは階段などもある)、かなり問題がありましたので、どうしようか悩みました。

家からコンサート会場までタクシーで往復したら半端なく金額かかります。

自分の車でそのあたりくらいまでなら運転するのはなんとかできるらしいのですが、会場近くに駐車場があっても実際に駐車できるかどうか疑問です。

ですから、コンサート会場に近くて、そこからタクシーで会場まで行っても嫌がられないくらいのビジネスホテルに車で行って泊まったほうが贅沢だけれどまだマシか、ということになりました。

それでビジネスを探していたら、一休.comに、なんとビジネスではなく、リーガロイヤルホテル大阪のリニューアルしたお部屋のモニタープランが1室2人で1万でありました。

料金はビジネスでも同じくらいです。

リーガロイヤルとシンフォニーホールならタクシーでちょうど程よい近さ。

それに、いつも講座の仕事をいただきお世話になっているリーガに、お泊りして、お食事の一つもしてお返しするのもよいかもしれないと、申し込んだのは宿泊の二日前。

夫の実家から帰って、(夫の母にはほんとうに良くしてもらいましたが、それでもちょっと気疲れもあることはあるのが正直なところで)、すこしのんびりホテルでできればコンサートの楽しみと同じくらいうれしいことです。

そういうことで急遽、リーガロイヤルに一泊してきました。

010    013_3

この部屋はモニタープランの通常のお部屋(32㎡)よりもかなり広いお部屋にしてくれたようです。

40㎡以上はあるかと思います。

しかもトイレと浴室は、右の写真のように、ベッドルームのドアの向こうにプチ廊下があり、さらにトイレ用のドアがある(ホテルの部屋の最初のドアから説明すると、ドアを開けるとほんの少し廊下があり、右にベッドルームのドア、左にトイレと浴室のドアがある)ので、トイレや風呂の音がベッドルームまであまり聞こえないのがよかったです。

(このお部屋、もしかしたら、かつてはセミスイートかなにかだったかもですね)

全体に、リニューアルされたとはいえ、ドアやさまざまなところはクラシカルな感じで、それが味といえば味で、お値段がかなりお得だったこともあって、私は非常に気持ちよく過ごせました。

011

アメニティ↑女性用化粧品も2回分個包装で用意していました。

   014

ホテルの惣菜とパンのお店がリニューアルオープンしたばかりで、翌日帰りにお惣菜を買ったら、記念にチョコレートheart04とエコバッグをもらいました。

clover

しかし、食事の写真がまたもやありませんcoldsweats02

部屋を写したところでデジカメの電池が少なくなってしまったことと、コンサートのために、コンサート前後に中途半端なお料理しか食べなかったので、まあいいかと。

まずチェックインしてから4時半(通常のレストランは休憩時間)に、地下のうどんの名店・道頓堀今井で、夫は鱧丼と小きつねうどん、私はしっぽくうどんを食べ、コンサートから帰った夜10時ころに夫が生ビールが飲みたい(ワインも飲んだ)と言うのでメーンダイニングのリモネで、ピザのマルゲリータとオムライスを食べたのでした。

ここのオムライス、ソースがトマト味とデミグラスの2色で、その味がなかなかおいしかったです。このホテルのオムライスは仕事の前後に何度か食べましたが、リモネができてから今回初めて食べ、数段と美味しくなっているので驚きました。

そんなことで、そんなにお腹が空いていないと言いながら、つい私が半分以上も食べてしまったので夫はむっとしていました。

(あなたも、さっき鱧丼食べたジャン。ピザもけっこうな量で、ぎっくり腰で身体を動かさないのにカロリーの高いもの食べたら太るだけよ~)

あはは。

おかげさまでコンサートともども楽しんでまいりました。

  

« 2012年6月 | トップページ | 2012年8月 »