2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« 11回目の通院日 | トップページ | 12回目の通院日(7月18日) »

2012年7月 8日 (日)

晴れた日にゴキのせいで(@_@;)

ありえない。crying

雨天続きでようやく晴れた今日、洗濯物を入れようと洗濯機を覗いたら、shockゴキブリがいた。

ぎゃっと思ったけれど、向こうもそう思ったのか、突如動いて、洗濯層のどこかに潜り込んで消えてしまった。

ぎゃ、ぎゃ、ぎゃあ~~~~。

どうしまんねん。

え~~っ?

ngngng

頭がパニックtyphoonに。

思いついたのは、お水をとりあえず満タンに入れて洗濯機を回して脱水することだった。

その後で、蓋をあけて見たのだけれど、アヤツの形跡がまったくない。

バラバラ事件、手足の一本あるかと思ったのに…。

しかたなく、手洗いでポロシャツやTシャツ数枚を洗って、洗濯機では脱水だけして干した。

しかし、下着や靴下、寝間着、タオルの類を入れて洗濯を通常のようにする勇気は私にはない。

アヤツの死骸がからみついたパンティやタオルなんて、ありえへんcrying

再度、お水満タンで洗濯層を洗ったけれど、アヤツの姿はまたもやない。

どないしましょ。

そんなこんなしているうちに、とうとう日は落ちて、もう夜さdown

梅雨の長雨。

今までずっと室内で干してばかり。

どういうわけか晴れた日に病院へ行かねばならなかったり、用事のあることばかり続いて(快晴だからと干して出ても突然雨が降り出したりするような油断のできないこの頃の天気で)、ようやく、ようやく待ち望んだ用事のない晴れた日に。

ゴキのヤツめannoy

danger

そういえば、生まれた函館にはゴキブリはいなかった。

高校を卒業した後、東京の大学へ進んだ友人たちから「東京にはゴキブリという虫がいて怖い」とアヤツの噂を聞いたのが、アヤツを知った初めだった。

「大きくて、ツヤツヤして、ヨウカンのような色をしているんだ」と友人の一人は説明してくれた。

その友人は男で、ガタイは大きなヤツだったが、

「怖くてぜったい触れない。退治なんか俺にはできない」と言っていた。

一緒にいた女友達も「そう」と深く首を縦にふって頷いたっけ。

私が卒業後に行った札幌ではそんな虫はいなかった。

後で、ススキノを中心にゴキブリは生息しているらしいと聞き、たしかにそれらしき虫を見たことはあったが、ヨウカンのような色ではなく、薄い茶色で形もかなり小さかった。

チャバネゴキブリとかいうらしい。

私が本物sign01 のゴキブリを見たのは、夫と結婚して大阪で暮らし始めてすぐの頃であった。

キッチンの壁にテカテカと艶のある黒い虫がとまっていて、それは大きくて、カブトムシだと私は思った。

実際のカブトムシも見たことは無かったけれど、図鑑やTVなどで見た物に似ていたから、そう思ったのだ。

それでとなりの部屋にいた夫に、うれしくなって、

「カブトムシがいる!」と教えたのだ。

夫は「へ~、どれどれ」とか何とか言って、見に来て、

「何がカブトムシやねん、これゴキブリやんか」と笑った。

その途端にアヤツは羽を広げて私の目の前を横切って飛んだ。

パタパタかブ~ンか、とにかくアヤツが飛んだ時に空気が動いて、それが私の目の前の空気だったので、目に空気が当たったような、そうそう眼底検査の時に空気が目に当たる、あのような感覚(眼底検査よりは弱かったけれど)で。

ぎゃ~~~っ、これが、これが、あのヨウカン色で男でも怖いと言うゴキブリというヤツか。

飛んで私の目の前数センチを横切るなんぞ、許してなるものか、今後けっして許してなるものかsign03

と思ったのだった。

しかし、あとで良く考えると、カブトムシと良く似ているアヤツが、カブトムシなら喜ばれて、アヤツはみんなに嫌われるのはかわいそうなものかもしれないとも思った。

北海道からゴキブリを見たことのない親子が転勤で隣にやってきて、カブトムシのメスかなにかと勘違いして、虫かごに入れてだいじに飼っていた、という話をこの30年の間に美容室などで何度か聞いた。

笑えない。私もそう思ったのだ。

danger

さて、洗濯機のことだ。

2回も水を満タンにして動かしてから脱水したんだから、もう排水されて出てしまったと解釈していいのだろうか。

明日から二日ほど晴天が続くというのだもの、思いっきり洗濯したい。

« 11回目の通院日 | トップページ | 12回目の通院日(7月18日) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

わ~、そんなんやったら、私もパニックになるなるsign01
子供のとき父が結構大きいのを手づかみでライターでジュ~として、父が頼もしく見えたし、その頃祖母の家に泊まりに行ったとき、枕元の畳を横切ったのを見て、
もうおばあちゃんちには泊まりにいきたくないと思ってしまいました。

結婚して主人を呼んで退治してもらおうと思ったら、全然役立たずで、
それから私はたくましくなりました。狙った獲物は逃がさないsign03

殺虫剤で弱らして、新聞でたたく、新聞にくるんで、靴で踏んで、
ビニールに入れて外のゴミ箱へ。。あ~、快感coldsweats01

でもホントは怖くて、現れて欲しくないのが真情ですが。。。
と、ゴキの話で興奮してしまいましたbleah

そうそ、洗濯機はもう大丈夫と思いますよ、
下水に排出されていると思いますgood

追伸でーすscissors
すいませんsweat01またまたお邪魔いたしますcoldsweats01

眼底検査の弱い版なんて、おもろい表現やと思いますhappy02

カブトムシとゴキの扱いが雲泥の差で気の毒というのは、なるほどと
思ってみたり、ユウコさん、お優しいなと思っちゃいましたhappy01

結婚してからは飛んだやつは見たことないけど、あの移動のスピードの速さが
怖いし、同じ色の虫でも、ノロノロ動いてたら、まだかわいげに見えますね。

何度も失礼しましたcoldsweats01

appleおケイはんさん
そうよね、誰でもパニックになるよねー。
もう下水に流されて、アヤツはいないよねー。
そう信じたい。
ありがとう、明日普通に洗濯する勇気がでた。
最初は量を少なめにして洗うわ。
って、明日会議で大阪駅周辺まで行くんだから、一回しか洗う時間ない気がするけれど、洗ってみる!
コメありがと

appleおケイはんさん
何度でもok
のろのろも気持ち悪いよ。
でもアヤツはかなり古い時代から現代まで生き残っているなかなかのシタタカモノ。
すばしっこいから生き残ってきたんやろね。

書かなかったけれど、最初に「ヨウカンみたいな」と言った友人は昨年死んでしまいました。
今ゴキのことを書いて、思い出して、しみじみもしています。
ではまたね。

むぅ、ゴキのヤツはどこにでも出現するから憎いのぉ。
私もアヤツを見ると人格が豹変します(爆)
心拍数があがって時として貧血まで引き起こす。
見ただけなのに(^^;;;
万が一、室内にて発見してしまったときは身動きが
取れなくなるので仕事に行ってる主人を呼び返します。
わざわざゴキ退治のために会社から戻ってくる主人。
徒歩3分のところが勤務地で良かった((笑))

長野に住む私の従姉もゴキを見たことはなく我が家(実家)に
泊まった晩、初めてゴキを目にした彼女はしっかと両手で
捕まえて触覚の動きなど観察したそうです。つわもの!
そんな彼女は今、高校で理系の教師をしています。

洗濯漕に隠れたゴキですが、洗濯機洗浄コースを一度
試してみたらいかがでしょうか。それ用の洗剤も売ってますが、
私はいつもハイター(商品名で失礼)で洗浄しております。
ゴキ退治の名人が言うには流し台に追い込んで漂白剤を
かけると一発コロリ、だそうなので(^^;;;

appleエミーユさん
エミーユさんもアヤツを見ると人格が豹変するんですか?
で、お宅はアヤツ退治にダンナさんが職場から飛んで来てくださるんですか?
マグマ大使(古!)やウルトラマンみたいに。
いいな~。
家には定年の夫が常時おりますが、そういう時にあまり役に立ちません。
頼りにできるのは薬剤だけです。
イトコさんほんまのツワモノですね。

ところで、漂白剤、それ実験する前に、今日は会議で12時に家を出たので、洗濯はその前の9時ころに恐る恐るしました。
洗濯終了後、これまた恐る恐る洗濯物を点検しましたが、何事もなかったですnote
よかった。
ご心配をおかけしましたsweat01
ありがとうございますheart01

北海道は、Gがいませんものね。最初見たとき、新種のエイリアンかと思ってしまいました。

ちなみに宮城ではコオロギの一種をゴキブリって呼んでいますよ^^;

旅先から初コメを不躾にも送ってしまい、失礼しましたm__m

記事がとっても面白くて、爆笑しちゃいました^^

またお邪魔させてください。

appleあたんさん
コメントありがとうございますheart01
宮城ではコオロギの一種をゴキブリと呼んでいるんですか。
では本物のアヤツはいないのですか?
あるいは別の呼び名があるのでしょうか?
不躾なんて思ったりしないで、どうぞまた気軽にコメください

大変な事態なのですけど、思わず笑っちゃいましたhappy01
これって、給水だけして様子を見てたら浮かんできたのでは? 

わたしはずっと南国育ちなのでゴキとは子どもの頃からのお付き合いです。最近では泡で包んで捨てられる優れものの殺虫剤も出ていますので、日中一人のときに遭遇したらとりあえず泡に閉じ込めておいて夫の帰りを待ちます。
長い付き合いでも慣れるということはないです。

appleエムさん
コメントありがとうheart01
笑っていただけたら幸いです。

ところで、アヤツを泡で閉じ込める薬剤があるんですか?
お宅も夫がするんですね。
う~む。
我が家は、とにかく夫は小さな私の陰に隠れて、何でもやってもらおうという魂胆ですので、ちょっと無理かと思いますが、その薬剤は一度調べて買って試してみます。

あははは、そうかごきぶり!
ユウコさんにも怖いものがいたか(ごめん、でもかわいい)~
北海道にはいないの? そうか私の生まれた岡山にもほとんどいない。
大阪で見てつくづく、これがごきぶりかと感心したものです。
ところが北陸には(嫁にきた)これまたどうじゃろかというほどいる。
大きくて立派なやつが。どれだけごきぶりとりをしかけても、外から舞い込んでくる。
徹底的に排除は無理だとわかってからは、私捕ります。素手で、進路に回り込みすっと。
いろいろ試して、これが一番確実だし、大騒ぎしなくて済むと学習しました。
年間にすれば、かなりの数やっつけます。
洗濯機の中にはいませんよ、きっと、見つけた瞬間に隙間をくぐって逃げてます。
私、虫とか蛙、とかげまでは大丈夫なんですが、蛇だけは怖い。見たら(めったにいないけれど)
その日は窓を締め切り外には出ません。一歩も。
ともかくあれだけは、見たらぎゃーと大声を上げてしまいます。

ユウコさん こんばんは
眼圧検査のときの空気・・・わかりやすいです~。
ふっと横切られたんですね~。

そんなところに入っちゃったんですか。
さすがのユウコさん。たのもしいですね。
それだけやったら、ゴキちゃんもあとかたもないことでしょうsweat01

あの姿を見つけただけで、心臓バクバクしますよね。
それにしても、北海道にはいないって、本当のことだったんですね。
カブトムシと間違うなんて、かわいらしいですよね。
見たことなかったら、そう思うぐらい似てますよね・・・。
私も似てるなあと思っていたので、こどもがカブトムシのメスなんかもらってきたときは、
複雑な気分でしたcoldsweats01 

ゴキちゃんといえば、以前四国で入った温泉で、
あまり人が入らない時間にいったところ、
壁びっしりにはりついていたという恐怖の体験談があります。
しばらく温泉に入るのが怖かったです。

apple太郎の母さん
虫がぜんたいに苦手です、私。
それに今回のケースは気持ち悪いじゃないですか。
洗濯機に入り込んだら、バラバラのアヤツのかけらが洗濯した物にからみつくかと、想像するだにngイヤーーーsign01
でも素手で捕まえるなんて、太郎の母さんさすがキモが座ってらっしゃる。

それから長い物、アヤツはゴキどころでなくまったくあきまへん。アヤツの名前も書きたくないほどです。
一番怖いですshock

appleむくむくさん
温泉の話、そりゃ恐怖の体験でしたね~。
そういえば、私の友人で、国家公務員で転勤がよくあり社宅に住んでいた人が、異動で引っ越した先の社宅の玄関ドアを開けたらびっしりとゴキブリがその部屋に集まっていて、失神寸前になった、と話してくれたことがありました。
彼女たちが引っ越す前の日に、社宅全体で一斉にバルサンを焚いて害虫を駆除しようと取り決めてやったらしいのですが、他の家はみんなゴキブリが消えたけれど、死んだわけではなく、安全な所にゴキが逃げただけで、その安全な所とは空き部屋だった彼女たちが引っ越す部屋だったという話でした。
聞いただけで、ぎゃっ、と震えました。
友人は最初もうここは住めないとかなりショックだったらしいのですが、気を取り直して、バルサンを焚いて追い払ったそうです。
エライ! と思いました。

happy01あ、ゴキパオっていいます。白元の。
最初の頃のは床などにくっついた泡がなかなか取れなくて後始末が大変だったんですけど、最近のはペロンと剥がせます。

appleエムさん
ゴキパオですね。今、ググって画像見ました。
ほほ~、いいじゃん、という感じです。
一度試してみましょ(近くの薬局にあるといいな)
情報ありがとうございましたnote

ユウコさん ご無沙汰しています~happy01
deruもゴキちゃんを苦手としておりますがbearing
ここ九州では そうは言ってられなくて…sweat02
1匹見つけると 20匹はいると言われているゴキちゃんを
見逃すわけにはいかず…pout
ティッシュを2~3枚 シャシャシャ!と取り出して
素手にて取り押さえます~shock
で…ギュギュギュ~~~ッとひねりつぶして(←我ながらなんと残酷な!sweat02
でないと フワッとだと モゾモゾとティッシュの間から抜け出て 
ごみ箱から 再び顔を出すのですよ!shock
なんという 生命力の強さ!wobbly
でも deruは必死なのです~gawk 
アヤツを退治する為には 恐ろしいオバタリアンへと変身して 戦うしかないのですcoldsweats02
とほほほ…sad
これからは ひねりつぶす際に
嫌われ者のゴキちゃん!次はせめてカブトムシに生まれ変わるのだよ~gawksweat01
って 願うことにしますconfident えへへっbleah 

ども。ゴキ話ってことでもりあがってますねー。
子どものころ、夜中にトイレのために起きて、寝ぼけながら台所を通過した際、
アヤツを踏んづけてしまったことがありました。こちらも不覚、アヤツも不覚だったの
でしょう。 あのときの足の裏の「言葉にならない」感触って未だに覚えています^^。
ギョエー@_@

applederuさん
こちらこそご無沙汰で~すheart01
おお、すごい、必死でderuさん火事場の馬○力とかいうような力で、アヤツをぎゅっとひねりつぶすのですね。
なるほどリアルにせまってまいります。

そうよね、今度生まれ変わったら、せめて虫ならカブトムシにと、ナンマンダブthinkしましょ、私も。
またご訪問ください。
ありがとうございました

soccerチーマーじゃんさん
コメントありがとうございますnote
ゴキ話で盛り上がってます(個人的にメールでも友人からももらった、あはは)
で、じゃんさん、
ギョエー@_@、と思った足の裏、その後どうしたんや???
洗ったんか~?
まさか、そのまま寝たんとちゃうやろね。
私はその後がとても気になるわhappy02

衛生面が心配なら洗濯機の汚れを落とす洗剤scissors
洗濯槽カビキラーみたいなのを投入し死滅して排水のパターンがよろしいかと?

洗濯機の排水は強烈で瞬間的なので手足が千切れる間もなく彼は大波waveにさらわれた事と思います
私の予想では彼はもういません。
洗濯機の機械とボディの間にはかなりの隙間があるので
身を乗り出して洗濯槽を覗き込んでいる裕子ねぇさまの足元を、素知らぬ顔で通り過ぎていたはずだよ(笑)
彼の帰りを待つ家族の元へ~sign03
だから、とにかく ゴキブリほいほいを設置して下さい

>洗ったんか~?
もちろん、ゴシゴシ!(≧∇≦)

apple由香ぴょんさん
わ~、久しぶりのコメ、うれしい、ありがとうnote
そうですか。
もういないんだったらいいんです(ってその後も4回使ってる。異常なしやった。ほっ)

この頃、夫が家にいるので、一人で西武に行ってなくて、行くときは金魚の○みたいに夫付。
しかも行くときにはたいていその前にロイホのモーニングを食べてからというコース。
ドリンクバー付なので、3杯はいろんな飲み物を強欲にも飲んでしまう私。
お腹ちゃぽちゃぽ。
それでほんとうにしばらく上○君のいるコーヒーカウンターに行ってないの。
今度会ったら「よろしく」と伝えてください。
そろそろ自転車でお一人様で豆だけでも買いに行きたい私です。

またねheart01

soccerチーマーじゃんさん
そうでしたか。
ゴシゴシ洗ったんやね。真夜中にたいへんどしたな~(って京都人か?私)。
エライ目に遭いましたね。
再度のコメント、感謝ですheart04

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527640/46249201

この記事へのトラックバック一覧です: 晴れた日にゴキのせいで(@_@;):

« 11回目の通院日 | トップページ | 12回目の通院日(7月18日) »