2016年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月

2012年6月28日 (木)

へっぴり腰の忍者?

もう、よれよれ夫婦ですweep

夫が先週火曜日、ぎっくり腰になりました。

その上、腰をかばって、へっぴり腰でそろそろと歩いていて、廊下の壁際に私がずぼらなまま積み重ねていた本(たぶん本棚1つ分はある)に足の小指の爪を当ててしまい、爪をはがして血だらけになってしまったのですshock

難儀な話です。

ぎっくり腰は近所の整骨院に行こうと思っていたのに、爪がそうなってしまったので靴が履けない、おまけに台風が来たtyphoon

そういうことで、2日ほど家で静養しておりました(爪の方はおかげさまでバイ菌も入らずに血は止った)。

私の方も、そもそもが気圧性片頭痛の持ち主なので、台風や低気圧の日は頭が痛くて肩もこって調子が悪い。

夫婦そろって最悪な状態でした。

clover

台風が二つ去った土曜日の午後、ようやく私は凝って苦しかった肩と頭のつけ根部分を楽にしてもらおうと、20年以上通って親しくしている鍼灸治療院に出かけました。

治療が済んで家へたどり着き、玄関ドアを開けところ、私の目に飛び込んできたのは、へっぴり腰で、黒いジャージの上に長袖の黒いTシャツを着た夫が靴を履こうとしている姿でした。

雨が上がって暑くなり始めた日に、黒ずくめでへっぴり腰、なぜか両手を宙に浮かせて(あ、靴箱の上に手を置いて身体を支えるために片方の手を靴箱に伸ばしたのが正解か、しかしもう片方は宙に浮いていて)、蜘蛛のような奇妙な動き。

「あ、靴が履けた!」と夫。

それで、「整骨院の(午後の)開始時間になるから行ってくる」とノタマったのです。

靴が履けた、とノタマった時は「よかったね」と言ったけれど、私、

「何でそんな黒いの着ているの?」と不思議でした。

「仕方ないねん」

「????」

「あそこは寒いねんから!」

整骨院がクーラーを入れて寒いからしかたなく黒い服を着ている、という意味が解らなかったけれど、それ以上訊くのも面倒で、しかもその黒いTシャツはよたっとしていてご近所に恥ずかしいとは思ったものの、どうでもいいや、勝手にどうぞ、と思い直して、へっぴり腰で背中も丸めた間抜けな脱落忍者のような夫をそのまま見送ったのでした。

あとから考えるに、寒いから仕方ない、というのは長袖を着た理由で、ほかにも長袖はあるだろうに、夫は一番手近にあった洗ったばかりのイカ釣りの時に墨をかけられてもいいと着た黒いTシャツをつかんで着たのでしょう。次の時は別のTシャツを着て行きましたから。

clover

そんなことで、先週はボロボロ、ヨレヨレの夫と私でしたが、今週はすこし治療の効果もあってマシになり、めでたくこの火曜日に夫の還暦祝いの席を夫の母がスポンサーでこじんまりと持ったのでした。

夫の誕生日は3月なのですが、私がまだ退院したばかりで、祝いをする状態ではなく、今まで延期していたのです(もう一つ言えば本当は先週の火曜日に席の予約をしていたけれど、それも台風で延期。そうこうしているうちにぎっくり腰やら爪事故)。

会席料理、私は退院後初めて食べました。

もちろん刺身は食べませんでしたが、一応コースのもの、ほとんどを食べることができました。よかったlovely

(デジカメ忘れて一つも写真がなくて…down

clover

今年の1月の私の誕生日までは、私が病気であるなど想像もつかず、還暦になって退職したら夫の母と一緒に温泉でも行ってお祝いをして、それとは別に私たち二人もどこかリッチな旅行をしたい、と考えていたのですが、私の体調からなかなかそこまではできません。

でも、なんとか外食で会席も食べられたことだし、そういうこともそのうちに、体調と相談してできるようになることでしょう。

しかし、夫の実家で、夫と私とでは寝るために座敷机一つ動かされず(夫の妹に手伝ってもらいました。押入れからお布団さえも彼女におろしてもらいました。朝に上げるのは私が一人でしましたが)。

夫はぎっくり腰でへっぴり腰、私は細菌防止のマスク姿、ほんまに……coldsweats01

でもなんとか支え合って生きていきましょ。これからも。

2012年6月19日 (火)

やっぱり、な。

昨日(6月18日)は10回目の通院日でした。

で、採血の結果、前回は基準値までUPした白血球は、今回は何のことはない前々回の数字にちかい数値にもどり、ほかの血球どももほぼ横ばい(微妙に下がる)になっていました。

つまり、なんですわ、ほら、前回の白血球の数値の原因はあのへたくそな採血に身体が反応して、全速力で脳みそが「白血球出ろsign03」と号令をかけて、あれだけの白血球が急遽出たということなのでしょう。

それを先日ケロちゃんさんにいただいたコメントの返事で冗談めかして書きましたが、まさしくあの採血の失敗がストレスになって増えたんですね。ネットで調べたらストレスでも白血球は増えるとあったし、昨日は主治医にも「そういうことはあります」といわれましたしcoldsweats01

ぬか喜びでしたsweat02

さて、今回の結果です(血はスルッと難なく採っていただきました)。

白血球 2660downdown  (前回3810 前々回2330 基準値・女性 3500~9400)

好中球 1280down   (前回1710 前々回1280)

赤血球 260万/ul up (前回256万/u 前々回233万/ul 基準値 380万~500万/ul )

ヘモグロビン 9,9g/dl down(前回10g/dl 前々回9g/dl  基準値 11.5~16g/dl )

血小板 6,2万/uldown (前回6,4万/ul 前々回5,8万/ul 基準値 15万~35万/ul ) 

白血球と好中球がガクっと下がりましたが、前々回の数字と比べると好中球は同じだし白血球は増えています。他のヘモグロビンも血小板も前回より下がったとはいえ、微々たる違いで、このくらいは検査の時の誤差の範囲で、同じと思ってもいいようなものです。

ということで、前回の白血球の数字の謎を解く鍵は、採血失敗しか素人の私には考えられません。

ステロイドのプレドニンは前回から5mgに減量され、今回の数字がそこそこなら主治医はさらに半分に減らすつもりだったようなのですが、このまま2週間後の次回までようすをみて、とくに変化が無ければ減量は次回から、という話でした。

私もあまり早く減量するよりは、と納得。

club

ところで、今日、採血の結果、思いもかけず黄信号のついたものがありましたshock

尿酸値 6.0mg/dl (基準値 3~5,5mg/dl)

総コレステロール270mg/dl (基準値 130~220mg/dl)

中性脂肪 202mg/dl (基準値 30~150mg/dl)

尿酸値は高くなると病気では痛風になる(夫がまさしく痛風です)のですが、それだけではなく腎臓に影響を与えてしまいます。

そんなことで担当医は尿酸値を下げる薬を出したいくらいだったようなのですが、今は私が薬をたくさん飲んでいるために胃の調子がよくなく、胃の薬を増やしているのです。

そういうことで今日はこのままでもう少し様子を見ましょう、という話になったのですが、実はこの数字には、思い当たることがありました。

プリン体の多いもの、コレステロールの多いものを、ここ2週間以上、続けて食べていたんですsad

どうしてか、というと、小さな圧力鍋(2,5L)を買ったもので、使いこなすための実験をしたくて、毎日のように、すじ肉や手羽元や、そういうものを使った料理をしていました。

Photo_2_2 Photo_3

 Photo  Photo

これはパール金属の圧力鍋で、お値段が信じられない1950円dash

左に同じような形の大きな圧力鍋を並べていますが、こちらが我が家2台目のフィスラーの4,5Lのもの。使って15年くらいかな、かなり年季が入っていて、アロマピーという部品を取り換えなくてはそろそろ使えないのです。

おまけにフィスラーのは大きくて重くて使うのに苦労します。

だから小さな圧力鍋があったらいいなとずっと思っていたんです。

それが、一か月ほど前にホームセンターで1950円で売っていてsign03 びっくりしました。

お値段に。嘘か、と思いました。

まず見たその日はそのまま帰宅しました。

それからネットで情報を仕入れ、数日後に再び行って購入したのです。

ところが、最初の物は不良品で、圧がかかると空気が漏れて、ガスレンジの炎が消えるしまつ。

3回試しましたが、怖くてbomb

ネットでは初期不良品もあるような口コミが出ていたので、思い切って買ったお店へその旨伝えて、交換してもらいました。

それで交換した今度の鍋での実験では、何事もなく、最初の物とはまったく別物のような状態で、よかったのです。

さあ、それからです。

この鍋、中の物が柔らかくなる時間がフィスラーの圧力鍋より長くかかるので、そのクセのようなものをつかむために、イソイソと「豚の三枚ばら肉」や「鶏手羽元」「牛すじ肉」を買っては煮込んで、ほどよい時間はどのくらいか、鍋の圧がかかったというシルシはどういう状態か、など、実験してみたくて、あれやこれや作って食べていました。

とくにこの1週間はほぼ毎日。

この1950円の鍋(アマゾンなどでは3千円台で売っていますが)、今ではとても気に入ってますheart01

一昨日はその圧力鍋は使わなかったものの、夕飯はハヤシライスで、材料を煮込むときにスープストックとして冷凍庫に常備している牛すじ肉を柔らかくしたときのコラーゲンたっぷりの「茹で汁」を投入、しかも冷凍庫で二袋がぴったりくっついてなかなかすぐに離れなかったので、めんどくさくて、二袋分いっぺんに解凍して投入。

解凍した時にみたら、煮凝りになるほど濃いエキスを2倍入れたということで、使った牛肉もかなり霜降りの黒毛和牛のモモ切り落とし(3割セールで値段はg300円台でお得だった)、ふり返ってよ~く考えると、コラーゲンもたっぷりだけれど、プリン体も多いし、コレステロールもそりゃたっぷりあっただろうなsweat01

採血の前日はもうすこしおとなしいものを食べなあきませんのに…。

食べた物は血肉になると、言いますが、この病気になってそれがほんとうだとつくづく思います。

次回、2週間後の採血まで、和食中心で、バランスよく食べときます。

あ~あ。

2012年6月16日 (土)

♪花は花は、は~なは~ (ーー゛)

ほとんど無かった、のでした。

アジサイの花。

せっかく行ったのに、剪定時期が悪かったのでしょう、花芽がほとんどなくて、咲いているのもまだすこし早くて。

行った所は一か月前に中将餅を食べに行った時に寄った葛城市の道の駅「ふたかみパーク當麻」。日にちは一昨日、6月14日でした。

本来は日本観光振興協会「花暦」に紹介されている写真のように、階段の両脇を上までびっしりアジサイが咲く名所らしいのです。

それを先日ここから帰ってネットで知って、ではアジサイの季節に再度中将餅と花を楽しもうと思っていたんです。

で、そろそろそんな時期だというので行ってきましたが。

  007_2  008 

このように、花はまばらで、しかもまだ早かったweep

私の写真だと分かりにくいかもしれませんが、花芽じたいがついていないのです。最初に書いたように剪定時期が悪くて花芽を切ってしまったのかと思います。

ここに花があって満開だったらなんとすてきだろうと思いました。

公園自体は広くて気持ち良いところではありましたが↓ 

                012

ということで、花は残念だったのでした。

ですから花より団子sign03

heart01

再度中将餅食べにnote

今度は中将堂本舗さんのお店の写真撮りましたよ。

001 005

やっぱり美味しかったheart04

note

ところで、今回のタイトル、若い人にはまったくわからないでしょうね。同年代の方でももう忘れているかも。

先日ココログで交流のあるサダさんからもらったつぶやきに「昔の映画で『怪獣ガッパ』というのがあった」というので、それが何か気になってググってみたら、その映画の主題歌を美樹克彦が歌っていたのです。

映画よりも美樹克彦の歌う主題歌に興味がそそられ、You Tubeで聞いて、そしたらめちゃくちゃ当時の歌謡曲が懐かしく思え、彼のヒット曲を続けて聞いたのでした。

その中の一つが「花はおそかった」。

病気の恋人の好きなクロッカスの花を探していて間に合わなかった、という青春歌謡曲。

最後に「バカヤロー」って叫ぶのです。

歌った後にそう叫ぶのはその歌が最初らしいです。

美樹克彦が人気だったころ、私は小学生のガキで、ファンの気持ちはあまりよくわからなかったけれど、他の歌手とはまったく違う色気というかなんというか、そういうものがあって、ふ~~んと思っていました。

(バイク乗りの格好でヘルメット振り回して歌ったりしてたよ)

で、2、3年まえに探偵ナイトスクープで美樹克彦に会いたいという長年のファンの依頼で登場した時は、貫録のある(ありすぎる)りっぱなおじさん(おじーにちかい)になっていて、面白かったです。

(探していたら「会わない方がいい」という人などいて笑えました)

You Tube で聞いて以来、美樹克彦マイブーム? そんなことで今回私の脳みその中で、花は花はは~なは~~~、と歌が繰り返されていたのでした。

You Tube ⇒花はおそかった

*追記

両脇アジサイの階段には、入り口に扉があって、最初はクローズしているのかと思いましたが、近づいたら興味深いことが書かれていましたので写真UPします。

             011

「イノシシ侵入防止用門扉」です。入る方はこれを自分で開け閉めして登って行くようになっています。ここそれだけ自然がいっぱいの場所です。

2012年6月13日 (水)

イカ80ぱい(@_@;)

ここ二日間、毎日イカを食べています。

10日に夫がイカを釣りに出かけ、夜中2時に帰宅、その釣果がイカ80ぱい以上だったので、毎日…。

ほんま、typhoonクルクルtyphoonしまんがな。

実は10日(日曜日)は21時からココログのお仲間たちとなりきりもどき集で「ゲゲゲの鬼太郎」をテーマに楽しんでいたんですね、私。

↓目玉おやじになりました。

 Photo   Photo_2

自称妖怪でいつも一つ目の「おれ まさき」君(集合写真で一番左)に急遽弟子入りし、その後はちよ呑さん(一番右の猫娘に変身)のご指導も受けて、目玉おやじもどきになりました。右の写真は集会に出た方々。まさき君も見学に。

妖怪大集合です。楽しかった~。

詳しくはレギュラーメンバーのうこさんのブログに。

その余韻がまだ残っていて、参加者とお礼やら感想のつぶやきを交わしている最中に、夫からのメールで、ケイタイに受信音がチャラリ~ンnote

「イカ80以上釣った」そうな。ふーん。

こりゃ、寝てられまへんわdash

というのも、イカは釣りたてをできるだけ早く冷凍庫に入れたら、かなり長持ちするのです。

去年のイカも最近まで食べていました。

以前のイカの記事⇒もう一つのブログ

ということで、私のもう一つのブログに書いたのと同じ状態になってしまったのです。

病人だから、眠っていてくれ、とは言うものの、寝てられますか。

今回は、とりあえず、デジカメで撮りました。

でも、夫は私が寝ていてるものと思い、10ぱいずつ冷凍庫に入れようと、船上でフリーザーパックに入れていたので、なんだか80ぱい以上あるというのに迫力ある写真にはなりませんでしたcoldsweats01

002  003

釣ってきたのはスルメイカです。今頃のスルメは子供のスルメ、小さいのですが柔らかくてとても美味しい。

麦の収穫時期にとれるイカということで麦イカとも呼ばれ珍重されます。

しかし、寝ないで正解でしたよ。

10ぱいずつ冷凍されてしまったら、解凍するのにめんどうだし、使うときに困ります。

だから使いやすいように、一袋4はい入れて中で2はいずつ離れるように隙間を空けて冷凍したり、2はいだけ入れた袋を作りしました。

  ↓今は日付を入れてこんな風に冷凍庫に入っています(分かりにくいかも)。

004   005

                                   ↑沖漬け

右の写真は、持って行った沖漬けのタレに船上で漬けてきたものです。

我が家のタレはあまいのが苦手なので、醤油1酒1みりん0.5の配合です。

およそ一日したらタレを切って冷凍庫に入れます(そうでないとどんどん味が塩辛くなる)。

これからはスルメイカから剣先イカの時期になるので、それがまた毎年冷凍庫に入るし、泉州沖のタコも。という冷凍庫事情もあるので、とにかくはやく美味しいうちに友人にも食べてもらいたくて、翌日友人2人に15はいずつ差し上げて、お向かいにも5はい、家では冷蔵庫に入れていた15はい以上をガンガン食べまくりました。

タウリンたっぷり、なんでしょうが、今、夫は筋肉痛。

私は睡眠のサイクルがすこし狂って(ココログのお庭の収穫も昨日の夜中に始まったりしたし)すっきりしません。

アジサイのきれいな季節なので、見に行こうと思うのですが、なかなか行く気分になりません。

明日こそ行こうと思う私です。

2012年6月 5日 (火)

おめでとうだわ、私!

昨日(6月4日)は9回目の通院日。採血の結果が「おめでとう、私」なのだ!

何がと言えば、とうとう白血球がupup基準値へ。

涙、泪、うれしcrying

しかし、その結果を担当医から教えていただくまで、ココだけの話、エライ目に遭いました。

病院へは毎回夫の運転する車で行くのですが、昨日は道が空いていて、かなりスムーズに、9時すこし前にたどり着き、混んでいる採血の場所でも電子ボードによると待ち時間が15分くらいというので喜んでいたんです。

ところが、私を採血する担当の方が、なにやら最初から?というかんじ。

「いつも左ですか」と訊いてくるので「はい」と応え、左腕を出したのですが、なかなか血管を探せないような、妙な雰囲気で、そのうち「ちくっとしますよ」と言って刺したのは、いつも採血するところよりすこし離れたところで、痛いこと、痛いこと。

で、しばらくグイグイ針の先押していたものの、

「右に替えてもいいですか?」

というのよ。

え~sign03、今まで痛い目に遭わせておいて、採れずに、この上、右でもかい! って思いましたsad が、我慢です。

すなおに右腕を出しました。

で、右腕も、その方は、今までの方が採血してくれるところではなく、左腕のさきほど刺した血管と対象になるところへ針を刺しました。

やはり痛かったですweep

で、そこも針の先で血管をグッと何度も押して、しまいに「手を開いたり閉じたりしてください」とか言うのです。

どうも左腕と同じように血が思うように採れないようなんです。

私もそこまでくるとドキドキするやら、ぼーっとするやら、他の採血の担当者たちは次々と新しい患者さんの番号を呼んで、スピーディに進んでいるのに、どうして私はこうなの?

と思っていたら、とうとうその方は針を抜いて、再度違うところから血を採ると言うのです。

ちらりと見たら、採血して検査する試験管のような物にはほとんど血が入っていない。

あれだけ長い間グイグイして掌を開いたり閉じたりしていたのに採ったのはこれだけなの?

と思ったら、目の前がふわっとして、貧血状態になってしまいましたshock

「すみません。気分が悪いです(気も悪したけど←これは声には出してない)」

そう言ったら、あっという間に、二人ほど看護師さんが飛んできて、車イスにのせられて処置室へ連れて行かされました(ほんとにフラフラだった、私)。

そこでベッドに寝かされて、血圧やら体温やら計ってもらい、しばらくして再度、その処置室にいる看護師さんが採血。

簡単に、スイッと、血を抜いてくれました。

これがどうしてできなくてこんなベッドにいるんかな~、と思いました。

だいたいが私のお世話になっている病院は、採血が上手なんです。

献血を集めている病院ですから。しかも検査のために採血をするところにいらっしゃる看護師さんはすごい数毎日採血していますから、慣れたもので、いつもはあまり痛くもないんです。

昨日のようなことは初めてです。

まいりました。

clover

しかし、そんなことがあった後、しばらくして担当医の診察だったのですが、血液検査の結果はGOODgood

白血球 3810upup  (前回2330   基準値・女性 3500~9400)

好中球 1710up   (前回1280)

赤血球 256万/ul up (前回233万/ul   基準値 380万~500万/ul )

ヘモグロビン 10g/dl up  (前回9g/dl   基準値 11.5~16g/dl )

血小板 6,4万/ul up (前回5,8万/ul  基準値 15万~35万/ul ) 

clover

ということで、白血球は健康な人と同じに、ヘモグロビンももう少しで基準値に届くところまできました。

血小板がまだまだですが、概ねとても順調ですhappy01

よかったheart04

担当医は「採血のところにいる看護師さんはみんなベテランで上手な人ばかりなので、今日採血がうまくできなかったのは、何度も採血したら血管が分かりにくくなってしまっていたり、また日によって血管も分かりにくかったりもするから」と言っておられました。

(私のせいか?)

(左はともかく右腕は数週間前に1度しただけですけど……)

まあ、そんなこんな色々ありましたが、終わりよければすべてよし

数値が下がらないよう、UPができるよう、またまたがんばるぞ。

clover

追記

この頃、朝晩の食事で、シリコンスチーマーを使っています。

ものすごく便利で、お野菜がたくさん食べられます。

私のように生野菜は禁止されている人にはうってつけ。

Photo   Photo_2

Photo_4 これはメトレフランセというメーカーのもので、折りたたんで右上の写真のようにコンパクトになります。

すのこが付いていて、その下にお水を少し入れて、冷蔵庫の野菜室にある野菜を手当たりしだい入れてお塩をふりかけて電子レンジでチン!

← この日はきのこ2種類、友人から頂いたパープルオニオン、人参、ブロッコリー。かさが3分の2に減ってます。

私はいつも、そのまま食卓へ持って行って食べています。

食べるときはポン酢とマヨネーズを合わせた「マヨポン」が簡単でオールマイティかな。

かぼちゃなどはそのまま何もつけずに食べます。ホクホクしてとても美味しい!

お値段、定価が2100円。一割引で買いました。

色も、良く見かけるプラスチック色ではなく、なかなか良い色で食卓に置いてもおかしくないのです。とてもよく使っているので、もう元は取ったくらいに思っています。

べつに回し者ではないけれど→メーカーの公式サイト

 

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »