2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ

« そろそろ解禁。それとも? | トップページ | おめでとうだわ、私! »

2012年5月31日 (木)

私の爪

今日で5月も終わりです。

思えば2月の今頃はまだ無菌室にいて、明日があるか、見えない私でした。

血液検査の数値を振り返れば、2月29日の白血球はたったの350。その前に採った27日は80(健康な女の人・3500~9400)。

まあATG治療は、間違って自分の骨髄を攻撃しているリンパ球を抑制させるためにする治療なので白血球が少なくなるのはあたりまえではありますが…。

その治療の痕跡が今も私の爪に残っています。

         009

真ん中が横一線に凹んでいます。

写真は親指ですが、全部の爪に凹みがあります。

ATG治療が終わって、無菌室でただただ自分で血液を造るのを待っている、2月末~3月初め、ふと爪を見たら、甘皮は無くなってめくれあがり、半月もなかったような記憶があります。爪の色も悪かったし。とにかくいつも見る自分の爪とは違っていました。

かなりの闘いが身体の中でされていたんだなー、と、この爪の凹みを見るたびに思います。

たぶん、見えるところだけではなく、見えない身体の内部の骨やいろんなところにも、こういう闘いの痕があるのではないでしようか。

先日の大腿骨頸部の骨密度同年代と比較して98%という数字なども、その痕跡かなと、素人考えですが思います。

(腰椎が118%もあるのに、そこだけ98%でしたから。大量にステロイドを入れられると大腿骨頭壊死になる方もいるというので、その部分がヤラレルことが多いのではないでしょうか?──これは勝手にそう思っているだけですけれど)

今、私の爪は、先にも書いたようにどの指も真ん中が凹んでいますが、色はピンク色に戻ってきました。あと3か月か4カ月もしたら、爪も伸びて、こんな痕跡も無くなります。

ただ、内部の痕跡は見えない分、充分、栄養を摂って、今後もしっかり気をつけていかなければいけませんね。

今の段階で、飲んでいる薬、免疫抑制剤・ネオーラル160mg/日、プレドニン7,5mg/日、他には細菌を殺す薬が数種類と胃を保護する薬です。

プレドニンは7,5mgに減量になってから今日で17日目、ムーンフェイスが今週に入ったころから少しずつしぼんできましたsign03

入院中にものすごくふくれた(顔もそうですが、身体が浮腫んでたいへんだった)ものの、割合早くに戻り、よかったと思っていたら、退院後に再度ふくれた私です。

10mgになったら顔が戻る、という噂を信じていましたが、どうも、10mgを切ってから、つまり私の場合は7,5mgで戻りつつあるかんじ。

note

そんなふうに順調なので、現在の一番の心配ごとは、関西で流行っているらしい風疹です。

免疫抑制剤を使っているので、感染しないように気をつけなければいけません。

人ごみは出かけないよう、やっぱりしばらく、おとなしくしなくてはweep

« そろそろ解禁。それとも? | トップページ | おめでとうだわ、私! »

再生不良性貧血・記録」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

こんばんは
爪、ぼこぼこしてるときありますね。
ところどころ白いところがあったり、
私はユウコさんのように女らしい手ではないので、
指も男の人のようにゴツゴツしています。

風疹が流行っているんですね。
知らなかったので、びっくりしました。
百日ぜきなんかも もうないのかと思っていたら、
流行るときがありますもんね。
人ごみは引き続き、注意が必要ですね。


少しずつよくなられているんですね。
安心しました。
風疹気をつけてくださいね。

tulipむくむくさん
指先だけで、女らしい、と言われてnotes
うれしいlovelyです(でも指先だけですから、言えませんよ。ははは)。
ATG治療の際に、爪の生え際の細胞がヤラレたのですね。
それでそのあたりの爪が凹んでいて、いま伸びて爪の中ごろにきているのです。
横に帯のように一直線に1mmぐらいの幅でがくんと凹んでいます。

ところで、風疹のことですが、関西で流行っていると新聞やTVのニュースになっています。
お子さん予防接種はしていますか?
まあ風疹自体はそんなに危険な病気ではないとしても、妊娠中の女性がかかると胎児に影響を与えるので注意しなくてはいけないのです。
そんなことで、ちょっと前は風疹の予防接種は女の子がしたもので、そのときにしなかった男の子が現在30代40代になっていて風疹にかかりやすく、流行になっているらしいのです。
私の場合は抗体があったとしても、免疫抑制剤を飲んで治療しているので、抵抗力がなく、かかった場合、重症化しやすいのです。
ほんとうに要注意ですshock

tulipケロちゃんさん
コメントありがとうございます。
現在の私は一見したら健康な人とまったく変わらないんです。
けっこう元気にしています。
ただ、無理はできない。
だから身体と相談してぼちぼちやっています。
九死に一生を得た感がありますから、大事にしなくては、と思っています。
風疹、ほんとうに気をつけたいですね。
コメントありがとうございますnote

はじめてコメントします。
血液の疾患、辛そうですね。すべての血球値が下がってくると想像できなないくらいの症状が現れて大変でしょう。
生きるということに体全体で頑張っている証が爪に現れているんですね。
以前、血球分析に関わる仕事をしていて、異常値を示す患者さんの症状まで想いがいっていなかった自分の未熟さを感じさせられました。
去年の1月に心臓の疾患で入院した時に、俺も爪に線が出来ました。今はその痕跡は無事に消えました。
ユウコさんも、順調に回復して、爪の痕跡が消えていくことを願っています。
いつも、「ポチ」ありがとうございます。

appleしんのすけ☆彡さん
コメントありがとうございます。
とてもうれしいですnote
こちらこそいつもポチありがとうございます。
そうでしたか、しんのすけさんは以前に血球分析のお仕事をされていたんですね。
身内や自身がそういう病気にならなければ、なかなか、そこまでは思いいたらないものだと思います。
職業でいちいち隅々末端患者のことまで考えていたら(それはとても素晴らしいとは思いますが)、仕事が重すぎてたいへんですもの。
しんのすけさんは心臓疾患で入院されたのですね。
もう御病気の方はよろしいのですか?
どうぞ無理をしないで、ご自愛ください。
私もです。
爪の痕跡は、あと4カ月もしたら伸びて消えるでしょう。
今は、早く、血球の数値が健康な方に近づくように、と、自分でできることで一生懸命やっています。
これからもたまにご訪問ください。
ありがとうございました

爪は精神的ショックでも、横線が入るらしいですよ。
縦線は老化だとか?
私は、一時期横線だらけのころがありました(能天気に見えても、これでいろいろあったのです。今は縦線がくっきり。ネイルでカバーしてます。ネイル大好きなのです。)
いずれにしても、身体はいつも懸命に戦ってくれているのでしょうね。

ユウコさん、かなりの快復よかった。
あなたの精神力なら、怖いものはなしです。

tulip太郎の母さん
そうなんや、横は衝撃でも入るんや、で、縦は老化ね。
他の先輩の爪を見て研究してみます。
太郎の母さんは、けっこう苦労が多かったと思っていますよ。
作品でわかっています。
ネイルするんですね。
わたしはとても面倒なので、いっさいしていません。
化粧も、普段はすっぴんです。
できれば顔も洗いたくないほどのずぼら人間です。へへへcoldsweats01

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1527640/45480534

この記事へのトラックバック一覧です: 私の爪:

« そろそろ解禁。それとも? | トップページ | おめでとうだわ、私! »